ギフの山猿「フライ日記」

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

寒の戻り

c0090530_14481795.jpg(タイトルとはかけ離れた画像ですが・・)

川は春めいて来たところなのにこの週末に寒の戻りが。
そんな中大阪の友人のtakitarouさんとubeさんが長良川に出撃。
そろそろ郡上漁協管轄も・・と思い待ち合わせは郡上にしたが、すれ違う車は雪を積んでいる状況。
有名ポイントをはしごするもライズどころか魚影も確認出来ない。

大阪組は(後で聞いた話だが)今日は無理だろうと思っていたがとにかく南下しつついたる所を見て回り、最後のポイントでなんとかライズに巡り合えた。


c0090530_1573698.jpg

まずはtakiさんに


c0090530_1585749.jpg

そしてubeさん

お互いフライに反応はさせるも乗せきれず。
サポート役に徹してくれたmori君も長良川初物を・・・痛恨のバラシ。

結局日が沈む寸前までライズに対峙出来、大阪の友人達にはなんとか楽しんでもらいました。


で、
大阪の友人達が昼食中に・・
c0090530_15215956.jpg

こんなのが出ちゃいました~~
(申し訳ない)

takiさん、ubeさん、また遊びに来て下さいねぇ!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-03-27 15:32 | FlyFishing

復帰

仙台に住む友人の友人から突然メールが来た。
もちろんこの方とは面識も無く、電話やメールもやり取りをしたことは無かった。

それは自分に出来るほんの些細なことに対してのお礼のメールであった。
少しずつではあるが生活も回復しつつあるとのこと。

最後に、「復興した時には、是非一緒に釣りしましょう」の約束をしメールのやり取りを終えた。


いまだ暗いニュースは続く中ではありますが、被災された方々には自分の出来る範囲で応援をしつつ自分も普段の生活に復帰しようとこのエントリーをすることにしました。


復帰第一段は・・
4週連続「ボ」をついに打開!!
相変わらず厳しい状況の長良川ではありますが、川は春の匂いが漂いその春を楽しむかのように数少ないライズが
c0090530_20362559.jpg

早春の殻から抜け出せず小さなフライばかりで攻め立てるも反応なし、ガガンボの舞に気付き#18ガガンボに変えた途端あっけなく出てくれたこの子。

c0090530_2042422.jpg

ストマックは何でもござれ、でもガガンボも混じっていますので(ブッ


c0090530_20434864.jpg

震災の影響を受けた栃木の この方 から愛着のあるネットが化粧直しして戻って来た。
このネットは最初に使った時も良い思いをしたが、この回もまた・・・ 魔法のネット。

化粧直し後早々に1匹ネットインするも写真を撮る前にその子は川に戻って行かれました。
厳しい状況下もうライズは無いだろうと河原に腰掛け下流を見れば・・
「やってるじゃん」

そして
c0090530_20534364.jpg

この子は#16CDCカディスを・・

c0090530_205545100.jpg

この子のストマックはポンプの入り口で何かが詰まってなかなか吸いだせない、かなり取り損ねたがな・な・なんとミツバチを食うてはりました。


水温もあがりようやく早い流れに付き始めてきた感じ、でもまだまだ厳しい状況は変わらない長良川、次は何処へと悩まされますね。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-03-22 21:11 | FlyFishing

川面でピクニック  (4週連続で「ボ」 でも、おしかった~)

c0090530_181597.jpg

土曜日は天気も良く絶好の行楽日和、もり君と二人でポカポカ陽気を楽しんだ。

もちろん目的は釣りですから・・

c0090530_1854258.jpg


けっきょく13か所もはしごしたのだけど戦闘態勢を取れる場所は何処も無く、唯一最後の場所で定居してライズするのを発見。
ようやくウエーダーを履いたのだけど・・


そして日曜、Mちゃんとその場所に。
朝のうちはまったくライズも無かったが、ユスリカ・クロカワ・コカゲにガガンボまでハッチし始め水面がようやく動いた。
といっても1~2匹がクルージングライズをしている感じ。

ミッジピューパ→ユスリカアダルト→クロカワゲラ→ミッジスペントとフライをチェンジするも全く出ない。
徐々にフライサイズを上げて行きようやくヒット~~~~~

久しぶりの感触、慎重に手繰り寄せ2回目のスイッチも回避し魚が落ち着いたところを見計らい手繰り寄せてランディング体制に入ろうとした瞬間・・・

「ウォォォ~」と腰砕け状態に。

するとパタッとライズも無くなり「あのライズ、1匹だけだったの?」とこの場所を諦め土手に上がった瞬間ライズが・・・

今度はMちゃんが同じことを・・

その後風が強まり、待てど暮らせどライズは起きず
大きなため息をついて二日目を終えた二人だったのです。

さぁ、次は釣れるかなぁ
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-03-06 18:35 | FlyFishing