ギフの山猿「フライ日記」

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黄昏て・・  (3週連続「ボ」)

今週も約束をしたわけでは無いのに、どんどん仲間が集まって来た長良川。
c0090530_21143263.jpg

よ~く考えりゃ解禁以来毎週のように顔を合わせている面々。
そして3週連続で「ボ」を味わっている面々である。

今週は戦いを許されたが、でも敵は違う魚種のよう・・
しかし時折本命は混じる感じ。

c0090530_2121765.jpg

結局こんな時間まで頑張ったが、またもや誰一人本命に会うことは出来なかった。

3週連続「ボ」を食らった奴らだが、画像のように黄昏て虚しい気持ちになる奴は一人も居なく
「明日があるさ・次があるさ」と前向きな馬鹿な連中。

これでなけりゃ長良川の釣りは続きませんものね。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-02-26 21:31 | FlyFishing

戦わずして

この週末は九州のバンブーロッドビルダー「井手高太郎氏」が岐阜にやって来た。
解禁以降徐々に厳しさを増す長良川、週中の雨でリセットされたはずだが・・
c0090530_2184016.jpg




c0090530_2192838.jpg

本来はこんな夜明けとともに「川に立っとうと」と言ってた彼だが、片道13時間の道のり途中でダウンしこの時間には滋賀に。


c0090530_2112662.jpg

それでも川に立てば疲れも感じない真剣な眼差し。

c0090530_21135677.jpg


c0090530_21143647.jpg

そんな彼でも戦う意思を見せない魚達には・・

c0090530_21164133.jpg

こんな風にくつろぐ時間ばかりの二日間で終了となってしまった。

仲間達も、そして周りの釣り人達も、だれ一人釣り上げる姿が見れなかった長良川であった。


そして戦わずして散って行った戦士達
c0090530_21222449.jpg

大阪のまこぶー

c0090530_21225618.jpg

長野の毛鉤人さんに、福富オーナーのかずくん

c0090530_21241835.jpg


c0090530_21243893.jpg

岐阜のjets君

c0090530_21251989.jpg

愛知のもり君

c0090530_21255957.jpg

愛知のくまちゃん

c0090530_21262977.jpg


c0090530_21265555.jpg

前日NZから帰国した髭面のウラケンさん

c0090530_21292057.jpg

そして陣中見舞いに駆けつけてくれた、加藤毛ばり店オーナーとpapaさん。

c0090530_21303953.jpg

おっと~ 忘れるところだった。 岐阜県民としてしっかり高太郎氏をサポートしてくれたMちゃん。

他にも、塾長にトヨバさんそしてRolly君に蒲王君・タルさんもしっかりサポートして頂き熱い二日間に終わりを告げ、彼は九州に帰って行った。


高ちゃん、今回はサポート足らずで申し訳なかったと。

そしてサポート頂いたみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-02-20 21:43 | FlyFishing

突風の長良川・・  「ボ」

c0090530_16522756.jpg

この3連休3連荘で釣りの予定だったが、金曜日に用事が出来土曜・日曜の二日間のみの釣りとなった。

金曜日にはいつもの場所はライズがまったく無かったと情報が入ったが、土曜の朝一はいつもの場所からスタート。
ライズ待ちをしているとライズが、今日は大丈夫かと期待を持ち待ち続けるがそれ以降ライズは無し。
昼少し前に場所移動、そこはフライマンがしっかりとロッドを振っていて空きスペースを見るとライズがあるではないですか。
即効でキャスト、しかし風が強く思うようにフライがコントロール出来ない。
上手く流れてもフライを見に来て帰る魚達。
次第に風も強くなり夕方には用事があったので撤収。

翌日は最初からこの場所に入り朝一からライズを狙うも、前日と同様フライを見切るありさま。
試行錯誤しながらフライに出るも乗らないの連発。
そうこうするうちに風も吹き出し時折台風なみの風が・・・
風止み待ちの釣りとなったが昼からはほとんどやむ気配も無く、2日間何も起きず早めの撤収となった。

まだまだ修行が足りませんわ(トホホ~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-02-13 17:22 | FlyFishing

激シブに集う

c0090530_183992.jpg

長良川解禁後初めての週末、関東・長野そして関西から友人達が集まった。

が 自然相手のお遊び、蓋を開けてみなけりゃわからない。
さてさて如何だったでしょうね~


c0090530_18485718.jpg

「何食ってんだよ~」


c0090530_18503554.jpg

「あれぇ~~」


c0090530_18511515.jpg

「あきまへんなぁ   そうですね」


c0090530_1853463.jpg

ガイドが釣ってどうすんねん


c0090530_18541759.jpg

「う~ん」


c0090530_18545998.jpg

「寒ビィィ」


解禁日にぎっくり腰でその後3日も会社を休んだ私は、今回はガイド役に徹して・・
c0090530_18581484.jpg

でも・・・ リハビリに少し・・ でなんとか・・



c0090530_190674.jpg

延べ人数13人で攻め立てるも、5匹だけの釣果となりました。

今年はとにかく渋く、何処のポイントもパッとしない状況。

それでも仲間達は満足した顔で帰って行ってくれた。
これで良いのです。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-02-06 19:08 | FlyFishing

祝 解禁!!

c0090530_191624.jpg

今年も無事解禁を迎えることが出来ました。

とは言っても雪景色の解禁日、暗いうちに現地に向かうも道路は雪に凍結と予定より30分遅れで到着。  すでに河原は大賑わいで出遅れた感はあったが、水温は低くハッチはもちろん流下する虫も確認できずライズは皆無。
そんな中周りではルアーマンがバンバン釣りあげている。
おそらく10時から11時になればライズは始まるだろうと待っていると、ルアーマンも餌釣師も状況が悪いためほとんど居なくなり残るはフライマンだけとなった。

c0090530_1995622.jpg

ライズは無いものの一応は立ち込んでじっくり水面を観察するも状況は変わらない。


c0090530_19111596.jpg

となれば河原で雑談。


c0090530_19115192.jpg

写真を撮ったりと・・


そして予想通り10時近くにライズが下流で始まる。
群れをなしてどんどん上がって来る様は、そりゃもうたまりませんね~

そして射程圏内に入った頃にはボコボコのライズに・・
ティペットの先にはミッジスペント、数投で反応するが乗らない・乗らない・乗らない。
掛かっても直ぐにばれる。
これは楽勝じゃと思い仲間に場所を譲りのんきに構えるが、その後が地獄の時間へと・・

ボコボコのライズの合間を何も起こらず流れるフライ。
仲間も苦労しているが一抜け・二抜け・三抜けと、仲間内で初日が出てないのは自分だけに。
こうなると焦る気持ちは皆さんもわかりますよね。

何処かに力が入るのかライントラブル、フライは背中に引っかかるはで・・

そしてようやく待望の感触がロッドに伝わり、10m・5mと手繰り寄せランディングネットに手を掛けた瞬間ロッドが軽くなり・・・ギョヘェ~~~
気を取り直し再度ライズに対峙するころから風が。
今年の解禁は「ボ」を覚悟したその時、またもやロッドに感触が。

今度はとにかく慎重に慎重に。
c0090530_20172955.jpg

ネットもセット、魚が水面に顔を出した瞬間にマッハの勢いですくい上げようやくホッと出来たのは1時を回っていた。

遅い昼飯を食らいその後も乗らない・乗らない・掛けてもランディング中にばらしと、2011年の解禁日は終了となった。

前日に放流された魚なのに、フライサイズもそしてティペットやCDCのボリュームまでしっかり見抜く、なめてかかっては痛い目に会うと痛感した解禁日となりました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-02-01 20:59 | FlyFishing