ギフの山猿「フライ日記」

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あと1歩(ライズ班の悩み)

今週も夏のライズフィールドに、 いないなさん Mちゃん Hさんが集結。
そして、 毛鉤人さん ~さきさんも様子を見に・・

ここ最近のライズ班の悩みは、「あと1~2m手前でライズをしてくれれば」
c0090530_225955100.jpg

このお方も
c0090530_2302451.jpg

このお方も
c0090530_230482.jpg

そしてこのお方も

もちろん私も・・

魚達はこちらのキャスティング能力を知っているかのように、ぎりぎりとどく範囲でライズを繰り返す。 けっして遠ざかってるわけではなく、おもいっきりディープウエーディングしてようやくの範囲にレーンがあるこのフィールド。

あの方もこの方もNew weaponに手を出す始末。

私のメインロッドはこれ
c0090530_23145767.jpg

なんら不満も無いロッドだが、今のフィールドでは4番手では広大すぎる。

てな訳で
c0090530_23205496.jpg

こちらを追加。

本日の釣行には間に合わなかったが、次回からはバリバリ仕事をしてくれるでしょう(?)

楽しみ、楽しみ!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-08-28 23:24 | FlyFishing

夏空の下   たまには・・

c0090530_22271527.jpg

お盆休みは台風4号の影響で、すっきりしない空の下で釣りを。

夏は暑くても気持ちの良い青空の下で釣りがしたい。
そんな奴らがまたまた集合。

c0090530_2233424.jpg

つっちー にM谷都会君

c0090530_2234149.jpg

そして Hさんと・・

朝一のライズポイントは日が登るにつれ厳しい状況に。
そんな中 つっちーは3本も

そして昼飯前に私にもたまにはのサイズが
c0090530_2237919.jpg

どピーカンの真昼間にこのサイズは嬉しいものですよねぇ~

昼飯後2時間近くのお昼寝タイム。
イブ前の時間にかけるが、本日は風が強くライズは皆無。
そんな中つっちー先生にスペイキャストの手ほどきを
c0090530_22415821.jpg

先生がよろしいのか生徒の覚えが良いのか、みるみる上達。
なんかこれにも手を出しそうな・・・・

その後暗くなる寸前まで粘るが、Hさんが1匹かけるのみで終了となった。

あと1カ月ちょい、P尺ライズを求めてラストスパートですわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-08-22 22:47 | FlyFishing

偶然の再会、そして遭遇

お盆休みを利用して Mちゃん おかん が長期キャンプ(1週間)を開田高原キャンプ場でやるとのこと。 ならば二日間お邪魔する予定を立てていたら、関東から ゴリ松殿 いないなさん そして関西からは gonちゃん takitarouさん が参戦することに。

しかし盆休みをつぶすかのように台風4号が・・
予定を一日ずらし木曽に。
前日入りした つっちー に情報をもらうが雨のようであまりパッとしないとのこと。 釣りもそこそこに花猿亭駐車場でキャスレを4時間も・・
そしてそこに偶然にも仕事を終えてトラックで現れた男が。

ちょうど一年前に中京での仕事にきりを付け、古里富山にに帰った「よね」に偶然にも再会したと連絡がゴリ松殿から。
電話越しには懐かしい声が、そして翌日まで待たせて一緒に釣りをする約束を。

翌日「六車」で全員集合、ライズ班・叩き釣り班と分かれての釣り開始
c0090530_22262499.jpg


仕事の疲れが出たのか、よねは河原で爆睡
c0090530_22274468.jpg


なんとかライズを仕留め
c0090530_22282468.jpg

イブでおちびちゃんに遊んでもらい温泉へ

c0090530_22294321.jpg

キャンプ場ではおかんが夕食の準備を済ませ釣り馬鹿を出迎えてくれた。

c0090530_223112100.jpg


c0090530_22313338.jpg


美味い料理に旨い酒、厳しかった釣りもこの一時でチャラとなり翌日の釣りに期待をし床に着く。


そして翌日
夜半から降り出した雨は朝まで降り続き、河川は濁り&増水。
ライズゲームは無理であろうと支流の叩き釣りに変更。
脱渓地点で川の状況を確認、問題なく釣りが出来そうなので早々に準備を済ませ川までの林の中の道を4人で一列になって歩く。
案内人である私が先頭→いないなさん→Mちゃん→ゴリの旦那の順で・・
早足の私といないなさんと後続2名とは10m程の間隔が開く。
獣に存在を知らせるための鈴・笛そして大声と、全員で奏でるが・・・

私の左真横の木に何かが登るのが横目で見えた。
リス?  と横を振りむけば黒い、そしてリスよりははるかにデカイ動物がものすごい速さで木を掛け登る。 目で追いやると熊だと確認が出来ると同時にいないなさんが「熊だ~~」と猛ダッシュで・・ こちらもあまりにも突然で猛ダッシュ。
後ろの二人もいないなさんにつられ一目散で振り返らずに・・

熊スプレーに手を伸ばし反身で熊の動向見ながらも逃げ、熊スプレーの安全装置を外せた時点で立ち構えた。 子熊はこちらが距離を置いたので、猛スピードで木を降りる。
一部始終を確認して振り返れば他の3人は20mほど先に、そしてMちゃんも熊スプレーを構えていた。
いないなさんと私が熊に気付くちょい前に後方の二人は「ウゥ~~」と唸る声を聞いていたそうで、親熊はそばには居たもよう。 大人数だったのか親熊の襲撃は無くこの一時は収まった。
私はその先に進もうとしたが、他3名がもう止めましょと言うことで他の場所に移動することに。

c0090530_23114550.jpg

次の場所も熊にはご用心の場所だが、キャンプ場も川の横にあり人気の多い場所でここでは熊との遭遇も無く釣りが出来た。

c0090530_23153899.jpg

3本ほど岩魚を釣りあげとりあえず昼飯を

c0090530_23165242.jpg

大ざると五平もちで腹ごしらえ後、ライズ班はライズ取りに切り替える。
が、しかし雨も激しさを増し水位もあがり水面には靄も立ち込めてきたからここで納竿とし六車へ。

仮眠を六車でとってから、Mちゃんと別れゴリ松殿・いないなさんと渋滞が予想される中央道を目指し車を走らせた。
中津川IC電光掲示板には25kの渋滞と表示され下道で瑞浪まで、美味いラーメンが食いたいとのいないなさんの要望で分厚いチャーシューのラーメン屋で腹ごしらえを済ませそれぞれの帰路に着いた。

台風の影響なのか雨に泣かされる釣行で釣果もいまいちではあったが、それなりに楽しんで久しぶりの友にも会え熊にも遭遇するなど思い出深い盆休みも(あと1日あるけど)終了となった。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-08-14 23:39 | FlyFishing

盆釣珍’10

c0090530_2157513.jpg

毎年恒例の「盆釣珍」が 毛鉤人さん 宅で今年も行われた。

今回のメンバーは、 毛鉤人さん つっちー inaちゃん くまちゃん まっちゃんと少人数ではあったが、賑やかに夏の恒例行事を終えることが出来た。

初日は、毛鉤人さんと二人だけでの釣り。
毛鉤人さんのリハビリ釣行と言うことで、ハードではない大田切に。
c0090530_2251843.jpg

何年振りかわからないほど超久しぶりの大田切、魚影は昔ほどではなかったがしっかりフライに反応してくれた。
c0090530_2271488.jpg

取り込めたのは2割(二匹)と難しい釣りではあったが、久々に二人だけの釣りを楽しんだ。
そしてその夜各方面からメンバーが集まり、花火を見ながらのBBQそして二次会へと
c0090530_22111681.jpg


翌日はライズゲームに・・
毛鉤人さん・まっちゃんは用事で参加出来ず、4人+現地でHさんも加わりライズめがけてキャスト
c0090530_22135263.jpg

ひれピンのあまごに
c0090530_22143356.jpg

岩魚と苦労してゲット。


そして、最後にこの男がやってくれました。
c0090530_22162892.jpg

尺をはるかに超える大物(38cm)で、盆釣珍に〆を!!

盆釣珍が終わるとシーズンも終盤、残り僅かのシーズンにラストスパートをかけなけりゃ。

・・・・・・・END・・・・・・
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-08-08 22:22 | FlyFishing

偏食

毎日暑くて夏バテ気味の身体、釣りの翌日はどっと疲れがでるため土曜のみの釣りに この方(↓) と行ってきました。
c0090530_6312299.jpg

もちろん先週に引き続き ライズゲームonly

前日に雨が降り、曇り空・湿気をおびた空気と最高の条件で現地に到着すれば、もうしびれるようなライズが・・
水面を流れるのはほとんどが羽蟻、もちろんフライも羽蟻!!
ディープウエーディングして準備万端!!

来た来た~~
ライズはどんどん上流に向かって上がってくる。
射程圏内に・・ フライ投入・・・  よっしゃ~~~ 出た~~~~~

トホホ~~ 痛恨の合わせ切れ。
まだまだライズは続く中2回ほどフライに出すが、今度はのせきれず。

そしてついに待望のトルクがロッドに伝わった。
c0090530_8243919.jpg

ガンガンではなくヌッとした引きで2回目のスイッチが入る前にラインをリールに巻き取った。
c0090530_8265027.jpg

丈は無いが体高があるボディは、案の定リールからラインを引き出し大暴れを繰り返す。

そして彼が捕食していたのは・・
c0090530_8304320.jpg

羽蟻一色の見事なまでの偏食状態。

3時間近くの戦いもライズが無くなり休戦と。
そして場所移動をしそこでは単発のライズと戦うも乗せきれず朝一の場所に再戦に向かうが、魚達は休戦中で何も起こらず終了となった。
c0090530_8383742.jpg


帰りに毎年5月のイベントでお世話になる「六車」により、一風呂浴びて中央道を・・
日本で一番暑い多治見インターを降りれば、再び汗も噴き出しビールを飲んで〆とした。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-08-01 08:45 | FlyFishing