ギフの山猿「フライ日記」

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶりでんなぁ~

で始まった今回のこの釣行は
c0090530_21115064.jpg

大阪の釣友である gonちゃん が(↑のお方)今年の五月に木曽の西野川で宿題を作り、その宿題を片付けに来ると、ならばそれの立会人になろうと計画された。

一日目は木曽に二人で入り宿題+8月の木曽を楽しみ、二日目は 毛鉤人さん とらぁ~姐とで南アルプス水系の渓でヤマトイワナと戯れるスケジュール。


一日目
朝7:00に木曽の道の駅で待ち合わせ。
その頃は雨も降っていて心配だった天気も、釣を開始する頃には見事に晴れ渡る。
c0090530_21221383.jpg

そのせいか、はたまた前日の雨のせいか釣の方はちと湿りがち。
c0090530_2123347.jpg

写真に納めるサイズがなかなか釣れず木曽の支流をはしご
気分も身体もかなり疲れた状態で宿題の場所に夕方向かえば
な・な なんと40cmをはるかに越える魚体を確認、となると疲れも吹っ飛びいざ勝負。

なかなか宿題はフライに興味を示さない様子。
しばらく様子を見ていた私もgonちゃんの少し上流側でキャスト開始。
二投目でこのタナビラが反応してくれた。
c0090530_21305991.jpg

そしてこの写真を撮っている間にgonちゃんも私が釣り上げた同じ場所ですぐさまヒット!!

c0090530_21322042.jpg

宿題サイズでは無かったものの、28cmを釣り上げとりあえず今回の目的である宿題を(半分だけ)片付けたことにして今夜の宿である毛鉤人さん家に移動。

そして
c0090530_21384615.jpg

旨い酒に美味いつまみ、そして話しのネタは・・
c0090530_21403510.jpg

シマネッツ愛好家3人の共通話題である シマネッツ のお話。
そして翌日まで話しは続いた・・

二日目
らぁ~姐と合流し、ヤマトの渓に・・
c0090530_21471159.jpg

本日もド・ピーカン。
釣は厳しいであろうがやっぱ夏は天気が良いほうが。

案の定、釣は激シブで
c0090530_21495645.jpg

この子達はなかなか顔を出してはくれなかった。

c0090530_21524676.jpg

昼頃にパラッと雨も降り、期待を持ったのだが夕方終了まで状況は変らず二日間の釣を終了とした。

少し肌寒さを感じる飯田を後にし、gonちゃんと私は激渋滞の中央道を夕日に向かって走り続けた。

           ----完----


おまけ

c0090530_2224827.jpg

最近らぁ~姐がやたらと釣るそうで久々のご一緒釣行でじっくり観察。


見事なキャスティングで・・
そりゃ釣れるはずですわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-08-23 22:04 | FlyFishing

兄貴と二人で・・

盆休み締め釣行に行って来ました。

お盆の前半は九州の友達が来るから後半の何処かで行きましょうと約束をしていただけで、日にちまでは決めていなかった。 

急遽前日に「明日行く?」・・
c0090530_20513870.jpg

で、兄貴のホームリバーへ。

同い年で一般的にはお年寄りの部類に属する年代だが、「まだまだ若いもんには」と思ってる二人・・・  ですが今回はお年寄りスケジュールで、のんびり10時頃に入渓しその夜に温泉で疲れをとってビールをグイッと、そして翌朝解散と無理の無い釣行でした。

時間も遅いだけあって流石に釣人の車も多くいつもの場所には入渓出来なかったから、少し下流から入渓することに。 
c0090530_21733.jpg

先々週兄貴達が熊と遭遇した川だけに、二人で笛を吹きながら薮こぎそして川に降り立てば一人のフライマンが・・・  「あっちゃ~~~」

「どうですか?」   「朝から20匹くらい、サイズは24~5cmですね。 私はもうここで上がりますのでどうぞ」と譲ってもらい「ラッキー」   (譲っていただいた方に感謝です)
c0090530_21131164.jpg

兄貴は早々にヒット、これは良いのかも・・と思いきや兄貴はポンポン、こちらは見に来て戻るの連発。

とにかくフライを替えまくりなんとか釣り上げて行くも、上流に向かうに釣れ反応が薄くなってきた。
c0090530_21162569.jpg

とりあえず気分転換で昼飯を。

昼からは午前中に増して渋い。
c0090530_21181674.jpg

ポツリ・ポツリと釣りながら5時近くに大物がいつも出る場所に。

いつもの場所でいつものように反応があったが、ここには居ないはずのチビあまごが。
どうも漁協が放流をしたもよう。

100%ヤマトは出なかったがこの日も90%ヤマトばかり、このヤマトの渓がこのチビあまごの放流で来年はどうなるのか?と不安を抱き脱渓となった。

その後は飯を食い温泉に入り、ビールを飲んでバタンキュ~で盆締めの釣行が終了した。
長いようで短かった盆休み、明日はのんびり過ごして仕事に備えますわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-08-15 21:31 | FlyFishing

南より”友きたる”

c0090530_8371074.jpgこの盆休みを利用して九州から 高太郎氏 とサトちゃんがやって来た。 彼らのスケジュールは10日から12日の三日間、私の会社が休みに入るのは12日からで彼らと都合が合えば一緒に釣りがしたいなと思っていた。

彼らの予定としては、1日目・2日目は 毛鉤人さん の案内で長野方面そして3日目を岐阜で釣りがしたいとの要望。 12日は岐阜の何処で誰のガイドで釣りをするのだろうと偵察を入れればまだ決まっていないような状況。 

ならばガイド役を引き受けちゃいますか、せっかく九州から来てるんだから・・といろいろ情報を収集するもののこのところの長雨で岐阜の有名河川はパッとしない状況。 となるとなんとかガイドも出来るであろう石徹白だなと決め、C&R区間の駐車場で待ち合わせとして当日を待った。



待ち合わせ時間は10時、8月のこの時間帯ではC&R区間ではかなり厳しいであろうと3年ほど前によく通った石徹白の支流に一か八かで入ることにした。


そして当日の朝・・

福富の店主 かず君 とたくみ君そしてくまちゃんも駆けつけて彼らの到着を待つことに。
(ただでは待ちません、もちろん釣りをして・・)
c0090530_9113060.jpg

しばらくすると高太郎氏から「着いたよ」TELが・・
挨拶も早々にキャスティングレクチャーを
c0090530_9172498.jpg

バンブーロッドビルダーである彼は仕事柄毎日キャスレをかかさないと言うが、キャスティングはもちろんだがキャスティングの指導も非常に判りやすく今更ながら”凄い男ばい”と痛感したものです。

かず君・たくみ君は用事があるためここでお別れし、くまちゃんと私で彼らのサポート釣行がスタートした。
久しぶりの夏空下での釣り
c0090530_9264037.jpg

気分は最高なのだが、3年ぶりくらいのこの支流は果たしてどうなのか不安も少し・・

15分ほどの藪こぎ後久しぶりの光景が・・
そして早々に高太郎氏がヒット!!
c0090530_9295999.jpg

続いてサトちゃんも
c0090530_9305439.jpg

よっしゃ~~ 高活性で良かった~~~
で、ここからは4人で交代に釣りあがる。
c0090530_936202.jpg

彼らの釣りスタイルは、初めての川ではしっかり状況を調査し着き場所や水の流速そしてフライ選択としっかりと時間を掛ける。 この辺りは勉強になりました。

c0090530_941374.jpg

このサイズのイワナ達がしっかりと遊んでくれましたが、とにかく早いアタックにみんな四苦八苦
そしてそんな中サトちゃんがこの日の最大を取ってくれました~~~
c0090530_944116.jpg

この笑顔に肩の荷がおりました。
尺には少し足りませんでしたが、こちらのお方は・・ 尺越えの・・
c0090530_9461645.jpg

尺枝を取ってくれたバイ!!

そして楽しい時間はアッと言う間に過ぎPM5:00、ここは川通しで帰るしかないので危険を避けるためにもここで終了としてこの川を後にした。
c0090530_9582146.jpg

くまちゃんも、サポートお疲れ様でした。

この後C&R区間に戻り見えなくなるまでイブを楽しみ
締めはこちら
c0090530_100561.jpg

もちろん若鶏の唐揚げ定食!!

腹いっぱいになった頃には9:00を回っていた。
これから九州に帰省する彼らと熱く握手を交わし、楽しかった時間をここで終わりとした。

やっぱ仲間は   良いばい!! 最高っとよ!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-08-13 10:11 | FlyFishing

ヤマトを求めて’風の谷’へ

c0090530_20552939.jpg

今週の中頃に つっちー から「あにぃ~南アルプスのヤマトを釣りに行こうぜ」の誘いがあり二つ返事でOKを、ところがその電話の直ぐ後に風のおやじから「今週、風の谷に行かない?」のメールが。 直ぐざま風のおやじに電話をし「悪いけど、仲間と釣りに行くんだ。 ヤマトを釣りに・・」 すると風のおやじは「こっちに来ない?」 つっちーに確認するれば、こちらも二つ返事でOKと。
急遽M谷君も加わり、ヤマトを求め風の谷釣行とあいなった。

前日にとある道の駅で待ち合わせの段取り、おいらと風のおやじはのんびり出かけイブ狙いで現地入り。
すると偶然にもヒグちゃんが・・
とりあえず3人で川に立つが夕立で川は激濁り。 違う支流で暗くなるまで釣りをして温泉、そして道の駅でつっちー達と合流し前夜祭の宴が始まった。
c0090530_217174.jpg

家庭料理風の料理に皆感激!!
c0090530_2181225.jpg

乾杯で始まった宴は4時間近くも、翌朝がちと心配。

c0090530_2194511.jpg

ちょっと二日酔い気味の翌朝ではあったが、このおやじの案内でいざ風の谷へ
c0090530_21113250.jpg

入渓直ぐは反応が悪かったものの時間が経つにつれ反応も良くなって来た。
c0090530_21125046.jpg


c0090530_21131981.jpg

風のおやじとつっちーのダブルヒット!!

M谷君には前週に南アルプスで良い思いをさせることが出来なかったから、風のおやじになんとか彼に1匹をとお願いしておいたのだけど、なんなく1匹を上げそしてこの日の竿頭。
そして風の谷では必ず尺上のヤマトが上がると言う記録が途切れそうな最後の場所で、ななんと彼が尺(31cm)を釣ってくれたのだ。
c0090530_21193335.jpg

そりゃもう皆大感激で、6時間に渡る釣行に終止符をうった。

最後の力を振り絞り林道まで土手をよじ登る。
肩の荷が下りたのか、このおやじ達の後ろ姿にはちょいと疲れが感じられる。
c0090530_2131282.jpg


ここ最近は雨に祟られ厳しい釣りばかり、その影響でこの風の谷も8月とは思えぬ状況ではあったがまたまた楽しい二日間であった。

お疲れ様でした~~~~~         完
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-08-09 21:37 | FlyFishing

盆釣珍’09

毎年お盆休みには飯田の兄貴に家に集まり釣りして食って呑んでの大笑いする盆釣珍だったが、今年はETC割引で盆にはただでさえ渋滞する高速道路が3倍ほどの混み合いと予測され、遠方から来る仲間達も大変であろうと急遽盆月の初めにやることになった。

いつもなら初日はゆっくり過ごして夜のBBQで盛り上がり翌日に釣りのパターンだったが、今年は一部の者だけ2日間釣する予定で前日朝早くから飯田に集合となった。

c0090530_19515887.jpg

つっちー そして都内君と私で前日に降った雨でかなり増水した川に入る。

c0090530_19554639.jpg

釣り上がるのもかなり厳しい状況の川ではあったが、なんとか魚も遊んでくれた。
c0090530_19584785.jpg


c0090530_19572753.jpg

この後ゲリラ豪雨に見舞われ、水も濁りが増した感じがしたのですぐさま撤収。
またもや着替えもせずカッ飛んで里に降り、遅めの昼食を取り兄貴と合流後夜の買出しを済ませる。

夕方近くにカラサキ夫妻そしてらぁ~姐と合流し、温泉でのんびりと疲れを取る。
そしていよいよ前日のメインイベントが・・
c0090530_2071074.jpg

開始と同時くらいに加藤毛ばり店さんも・・
c0090530_2083967.jpg

この頃飯田の街は、嵐のように激しく雨が・・
c0090530_2010254.jpg

そんなこともお構いなしではしが進むのは、福富(かずとみ)の超美味いホルモンがあるから
c0090530_20124824.jpg


腹も満腹になった頃雨も激しさを増してきたから、野外から屋内に場所を移し二次会に突入
c0090530_20173091.jpg

馬刺しに旨い焼酎
c0090530_20181335.jpg

翌日の釣りは諦め(皆さんも多分そう)たから夜をあかすつもりでグイグイ焼酎を・・


そして意識が無くなった翌朝、たくみ君とお友達が駆けつけてくれ皆も起床。
c0090530_20264111.jpg

しとしとと雨は降り続き、一人以外がお疲れモードで釣り意欲無し。

飯田では釣りは無理と木曽の木曽猿さんに川の状況を確認すれば、なんとか釣りは出切る様子。
ならば木曽に行こう!!  が、さすがに呑みすぎで頭ガンガン、なので釣り組みと別れ岐路に着いた。

中央道恵那山トンネルを抜けると、そこは飯田とは別世界の晴れ間が。
木曽に向かった連中からも「晴れてますよ~」の連絡が。

木曽ではドラマがあったのか、この方とこの方のblogが楽しみですわ。


雨で釣りは無理であろうと誰もが思う今の天候、それでも集まって楽しい時間を過ごした仲間達に感謝感謝の2日間でした。
みなさん、お疲れ様でした!!

今度は晴れた空の下で、一緒に釣りましょう!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-08-02 20:49 | FlyFishing