ギフの山猿「フライ日記」

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あわせきれない病、克服か・・

c0090530_18274927.jpg前回のエントリーで、バラシ癖があわせきれない病に進行し、なんとしてもその病を克服せねばと今日も出かけた。
前回のエントリーを見た東京の友人から、「なんでやぁ~~」と電話をもらい「かくかくしかじかじゃ」と。
で、彼にこう思うのだけど「どうなんや?」と尋ねれば、「その通りじゃと思う」の返答。
ならば実践あるのみで、本日・・
まあ大したことはなく、あわせのタイミングを変えただけのこと・・

解禁以降毎回同じ場所に通い今回で6回目。
日が経つにつれ状況が変るのもしっかり感じることが出来、今日は人感的には最高だが川の状況は今までの中で最低でライズもかなり少ない。
家から30分の距離もあって大体一番乗りで、朝一の仕事は鵜を追い払うことから始まる。
が、しかし  今日はその鵜もはるか下流側で確認できたのみでいや~~な予感が(魚、おらんとちゃう?)
もちろんそんな状況を知ってか、誰も来ない時間が1時間ほど。
そして長良川で知り合った方が一人、そしてもう一人来ただけで貸しきり状態。
とりあえず話し込んでライズを待つ。
ハッチも始まりそろそろの時間になっても目の前は何も起こらない。
下流側の様子を見に行かれた一人の方が「ライズしてます」と。
確かにわくわくするライズがそこにはあるのだが、フライにとっては到底勝負できる場所ではなく再度もとの場所に戻ってライズを待つことに。

すると単発ではあるが待望のライズが上流側に移動してきた。
すかさず3人で立ち込んでライズがもっと上流に上がるのを待つ。

来ました~~~   そしてキャスト   数投でフライに反応が・・ しかし先週までのタイミングであわせをいれてしまいNG。    いかんいかん、肩に力が入り過ぎじゃ!!
大きく深呼吸をして、「出た・うん・あわせ」のタイミングを頭の中で繰り返しながら再度キャストを繰り返す。
そして待望のその瞬間   「出た~~~・うん・おりゃ~~~」  するとフライが消えた場所で水しぶき、そしてロッドに伝わる生命感。 慎重に手繰り寄せ無事ランディング。
c0090530_1992722.jpg

2月も今日で終わり、2月中に取れたのは1匹だったのがなんとか2匹に。 
他の方に場所を譲り攻めてもらうが、風も出てきてライズも超単発になったのを見計らい昼飯に。
一人の方は他の場所の偵察に、そしてもう一人の方も用事があると言うことで帰宅され昼飯後は一人で貸切。  風のため波立った水面ではオカッパリからではライズも確認できないため、立ち込んでしばらく様子を見るとやはりライズをしているではないか。

フライを交換しキャスト。  すると1発で反応が・・・そして乗った~~~~ ところが手繰り寄せる間にバラシ。 天を仰ぎながらもすぐさま同じ場所でライズが・・・  フライのCDC部分だけにはけでフロータントを付け再度キャスト。  またまた1投でフライに反応が・・・
c0090530_1919599.jpg

今度はネットイン出来、タバコに火を着けまずは一服。


同じ場所にもう一度立つが、柳の下の2匹目のどじょうはおらず風も強まりだしたから早目の納竿とした。

2月の長良川の釣果として3匹は、私の記録となり修行のせいかも多少ではあるが確認できた2月最後の日となった。


さ~て、明日も修行に行って来ますわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-02-28 19:32 | FlyFishing

お魚に出会えない日々

先週のバラシに対しみなさんから癖になるからと忠告を受け、今週はその病を完治させるべく土日の出動となった。 またまた金曜の雨でやや水は高いもののライズはポツポツとあった土曜日だが、合わせきれずに終了。 そして本日は水の状態&天候も最高で、朝の7時頃から3時間近くライズが始まるのを待つ。
前日よりはライズの数も少ないもののなんとか高ポジションを陣取りキャストを繰り返す。
ところが今日も乗せれない。  唯一最後の1本も手ごたえは無かったのだが、合わせの後ロールしながらジャンプする魚、皮1枚くらいフッキングしたのでしょうね。
c0090530_20591647.jpg

バラシ癖ならまだ掛けてる証ですが、それよりも病は悪化してフッキングできない病に・・

だから今週もお魚の写真は無し。
先週から5~6連続でフッキングできない、そんな中でピューパ系よりアダルト系の方が反応が良いような(あくまでも私感ですので・・)と言うことで、フライの画像を・・・

c0090530_21101983.jpg

VARIVAS2300#20 ユスリカアダルト
ハックルを3回転ほど巻いた上に、CDCを覆うように巻きつけたパターン。

c0090530_21165248.jpg

VARIVAS2210#24 ミッジスペント
カッキースペントよりヒントを得、自分なりにアレンジ。 CDCの仕上げは、モヒカンカット。

昨年から準備をしてきたのはピューパがメインで、ここに来てこのツーパターンを鬼巻きしていますわ。


ついでに・・
c0090530_21243749.jpg

こちらは4~5月の長良川本流用。
来月半ばから鬼巻きする予定です。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-02-22 21:30 | FlyFishing

バラシ隊

c0090530_16394354.jpg

解禁以来最高のハッチ状況、10時頃からライズも始まり昼前後がピークと・・

ウラケンさん、なかぢそしてカッキーの四人で最高のポジションに陣取り攻め続ける。
そんな中一抜けをしたのはウラケンさん。
残る三人も後に続けとライズめがけてキャスト。

「あ~~」  「う~~~」 「バレタ~~~~~」

またまたウラケンさんがヒット!!

「ヒャ~~~」 「くっそ~~~」

残る三人はそれぞれバラシ、昼からの勝負にかけるも風が強まり本日終了となった。


バラシ隊3人衆、まだまだ修行が足らんぜよ!!

今日のお魚は、ここでご確認下さい。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-02-15 16:57 | FlyFishing

なんとか、初日が出ました。 フ~~

c0090530_20493594.jpg2月1日の解禁日は、午前中は試験で昼からの解禁となったのだが2日前の大雨と強風のため初日を飾ることが出来なかった。

何がなんでも本日は出かけるつもりでウラケンさんと連絡を取り、現地で待ち合わせとなった。
前週は何処も彼処もさっぱりで、今日が実質の解禁日になるであろうと考える釣師は多いと予測し、夜が明ける前の待ち合わせであったのだが、寝坊をしてしまい1時間遅れで現地着。

幸いにもウラケンさん以外には誰も居ない。
そしてホリ~~にひぐ、続いて私の長良川の師匠双子のパパさんと身内ばかりが集まり横並びで川に立つ。

朝もやの残る中でも既にライズはあり、それぞれおもいおもいにキャストを繰り返す。
ガイドも凍る冷え込みの中、私の斜め下側にライズが・・
ライズリング上流2mくらいにキャスト、恥ずかしいくらい大きなメンディングを上流側に返しフライ先行の形が綺麗に決まった。

そして先ほどのライズ位置にフライが差し掛かった瞬間、モワッとフライが吸い込まれた。
昨年はここで大合わせをし、どれだけ切ったことか。
しかし今年は仕事中にもイメージトレーニングをして、強く小さくの合わせが決まった・・
と同時にロッドに伝わる小刻みな振動。
とにかく今年の初物、慎重に・・慎重に寄せてネットイン。
c0090530_2111716.jpg

フ~~~~~

c0090530_211335100.jpg

ネットに納めれば、もうこの表情でんがな!!

c0090530_21143715.jpg

この後もう一本掛けたのですが、ティペットを結ぶ時横着をしてそこで見事にプッツン(涙

さ~~この続きはまた明日。
この後に続いて画像をあげることが出来るのか・・・


で、二日目・・
c0090530_14592288.jpg

強風のため、イカルチドリ(局長に教わりました)ウオッチング~~~と相成りました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-02-07 21:24 | FlyFishing

解禁日、晴れて異常なし!!

今シーズンも、ついに幕開け
c0090530_18372572.jpg

まずはこの会場で午前中の戦いが・・
早く川に行かねばの焦りの気持ちと、訳のわからない文章のお陰でいたずらに時間が過ぎるが択一式の試験だから、分からないなりにもマークシートをうめて終了。

コンビニで昼飯を買い運転しながらの食事。
とにかく早くの気持ちと裏腹に、岐阜市内はいたるところで渋滞。
ナビを頼りに裏道裏道と逃げるも、どこも渋滞で結局長良川には1時間半も掛かり到着。
c0090530_2114627.jpg

散らばっている仲間達に連絡を取るが、何処も彼処もいまいちの返事。
最下流部の様子を伺うが、2日前の大雨で水量も多くやや濁り気味。
結局関観前で状況が変るのを待つが、最後まで期待通りにはならず2009年の幕開け初日は異常無しで終了となった。

c0090530_2122288.jpg

久しぶりに会う仲間達と会え、今年も楽しい幕開けとなったわけです。

今週末が来るのがもう待ち遠しい。
はたしてドラマはあるのでしょうかねぇ~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-02-01 18:54 | FlyFishing