ギフの山猿「フライ日記」

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第5回 鴨鍋パーティー

c0090530_1216199.jpg
このお方の呼びかけで始まった「鴨鍋パーティー」も、今年で5回目を迎えることとなった。 「居酒屋”石松”」で美味しい鴨鍋をつつきながら、シーズンの思い出を語り合い締めをすると言う企画。

初日は「くろや」で釣りをして、桜香の湯で温泉に浸かり石松そしてカラオケ、翌日は解散し各自自由行動とスケジュールは毎年変りはしないのだがとにかく楽しい時間を過ごせる。 
c0090530_12331781.jpg

まずはくろやで釣開始。 周辺はほんのりと色付き初めていた。

c0090530_12362236.jpg

いの一番にヒットさせたのは、らぁ~姐さま!! 恐ろしや~~~~

c0090530_12381927.jpg

そして次々とヒットさせる、毛鉤人さん。

c0090530_12392477.jpg

そしてもう一人、風のおやじも次々とヒットさせる。
(実は上のお二方にはこっそりとフライを譲って頂き、そのフライで今回のダービー(大物賞)をモノにすることが出来たのです。 感謝・感謝ですわ)

c0090530_12451658.jpg

そしてメインの鴨鍋パーティーに突入・・   コラーゲンたっぷりトロトロの鴨肉は、昼過ぎから石松の大将が煮込んでくれて、みんなモノも言わずに食っておりました。 鍋の締めは蕎麦で、これがまた何杯も食えるのです。

今回お世話になった「くろや」のこまっちゃんをはじめ、石松の大将、そして楽しい時間を過ごしてくれた仲間達、今年も楽しく締めることが出来ました。 ほんとにありがとさんでした。
来年も絶対にやりましょ!!


追記
c0090530_12563932.jpg

この1匹(63cm)でダービーをモノにすることが出来ました。 取り込むのに時間が掛かりすぎて苦痛な顔してますが・・・

c0090530_12594267.jpg

で、こちらが優勝商品!! 長良川用毛鉤、しっかり巻けますぜ!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-10-26 13:06 | FlyFishing

my midge patterns

c0090530_15225183.jpg今週は釣りの誘いがあったのだが、まだ釣欲もわかずなにより財布の中身が乏しいこともありタイイングに勢を出す休日となった。

先週末に仕入れを済ませ約一週間、一気に増えることはないのだが着実にぼちぼちと追加されてきたフライ達。 昨年は何種類ものパターンを巻いたのだが、今年はパターンを絞りとりあえず数を増やそうとスタートした。


まずは、スタンダードパターンを2種類。 
ストリップドピーコックボディとスレッドにワイヤーを巻いたボディ。

そして長良川の解禁当初には何故だか有効な、ミラージュを巻いたボディ(カラーはブルー系)

そして忘れてならないのはシャック、これは東京の友人にもらったマテリアルを巻きつけただけのもの。


c0090530_15414177.jpg

                         スタンダード ミッジピューパⅠ

c0090530_15435699.jpg

               スタンダード ミッジピューパⅡ (ボディはオリーブのスレッド)

c0090530_15474645.jpg

     えたいのの知れぬこのボディ、何故だか効くのです(マッチ・ザ・ハッチじゃねぇ~と言われそう)

c0090530_15504434.jpg

                            そして、シャック

全て#24、この後は#26そして各サイズを追加して後はアダルト系、そして昨年ストマックで何度も確認した、鮮やかな黄緑色の虫(何か判らないのですが)を模す予定。

まだまだ、時間が掛かりそうですわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-10-19 16:03 | FlyFishing

(早くも)長良川準備

毎年、2月の長良川に始まり3月の蒲田そして石徹白の釣行パターンであったが、今シーズンは2月から5月まで長良川で過ごし、ライズゲームの楽しさと奥深さを感じた年であった。
2008シーズンも終わったばかりなのに、もう長良川に照準を合わせ行きつけの「加藤毛ばり店」に・・  偶然にもよね&yu-koと鉢合わせ、やかましいくらいの会話の合間を縫って今年の長良川で感じたことの改良をすべく、少ない小遣いを割り当てて仕入れをする。

システムはほぼ確定、ロッドはK-Bullet LS#3とSilkyWoodロッドSG4806(これは発注済み)の二本立て。 ラインはあれで、CDCカラーも追加・取り付けも変えて、ボディーコートはこれで、ボックスはこれじゃ・・etcと改良点も多く来年の2月までには準備完了としなければならない。 となるとやはり今から準備せねば。
c0090530_19273081.jpg
フックはこれと言って決め手が無く、あれやこれや買い込みCDCにゴールド系カラーを追加。 ボディーコートはヘッドセメントと薄め液の配合を調整(ゴリ松殿からの教え)。

c0090530_19331455.jpg
ボックスはウオータープルーフC&FMサイズ。 (今年立ち込みライズに集中するあまりベストのポケット内に水が浸入、WHEATLEY内のミッジにC&FSサイズ内のニンフが水浸しになり川原で天日干しした苦い経験あり) とりあえずフライを移動したがスカスカ状態で巻き応えがありますわ。

まだまだ仕入れるものは沢山あるが、とりあえず今月はここまで。
まずはボックス内を満タンにせねば。


ちなみにボディーコートの配合はグ~~~~(ピンボケ御免)
c0090530_1950458.jpg
太くならずそれでいて艶がある。 作業性も重ね塗り少なく、乾きも早い!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-10-12 20:04 | FlyFishing

お疲れさま~~~

2008年のシーズンも幕を閉じ最初の休日・・・ となれば今年一年相棒として活躍してくれた道具たちに愛情を込めて・・・・

c0090530_18275494.jpg
ベストは洗濯機のねんいりモードを選択し、柔軟材もぶち込んで1時間のリフレッシュ。 ウェーダーは今年の夏過ぎにデビューしたもので、洗濯まではせずに内側・外側を水洗い。

c0090530_18315625.jpg
続いては、シマネッツ。 こちらも今年の長良川でデビュー、そして入魂劇は本流あまご。 オイルフィニッシュ仕上げのこのネット、付属のオイルを塗りつけてやれば艶が蘇ってくる。

c0090530_18355947.jpg
リールはこの3種類がメインで活躍。 手前二つは「t-madeリール」と「きねやリール」、ブロスボディで腐食すると渋い色合いになるのだが釣行の後の不始末で、腐食と言うよりも錆状態になってしまったためサンドペーパーで・・ バテンキルⅡに巻かれたラインは「シャークスキン」、こちらはSILKY WOODさんと今年の2月にループのラインとトレードした物。

c0090530_1846185.jpg
そして長良川以降メインで活躍してくれたロッド。 2本は「チャコバンブー」、そしてもう一本がWINSTONのパッグロッド。 その川の状態で使い分けしっかりと役目を果たしてくれた。


どの道具をとっても思い出深い物ばかり。 

今年一年、ありがとさんでした!!

そして来年も、よろしく~~~~~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-10-04 19:08 | FlyFishing