ギフの山猿「フライ日記」

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008 締め釣行

2008年のシーズンはいろいろとあって、昨年までの釣り場とは違う場所に・・
そのお陰でマンネリ化しかけていた釣りスタイルも変り、ライズゲームの楽しさや源流域の合わせのタイミング、そしてどちらの流程のおいてもフライの流し方などがすごく学べたシーズンであった。   そして何よりは、仲間達との釣りが増えたことが今年一番の収穫であった。

そんなシーズンの締めも多くの仲間達と過ごすことが出来、最高の締め釣行となりました。
その場所に選んだのは木曽、まずは毛鉤人さんとらぁ~~姐さんとの源流釣行、そして江戸のゴリ松さんとの源流釣行、それからたんくろ~り~さん・木曽猿さん・HARAさん・東京のだんさんとの西野川C&R区間での釣り・・・・
c0090530_22231718.jpg
木曽は色付き始めていました。

c0090530_22241998.jpg
らぁ~姐、何釣ったの?

c0090530_22251672.jpg


c0090530_22255287.jpg
兄貴、今年はよ~一緒に釣りましたな。

c0090530_2226573.jpg
真っ黒くろすけの、木曽源流のタナビラ。

c0090530_22283050.jpg
ゴリの旦那、激シブの中でこいつを取るとは 流石じゃの~~~

c0090530_22313924.jpg
おふたりさん、よ~呑むようになられましたな。

c0090530_22323393.jpg
宿題は、来年になりましたね。

c0090530_2233404.jpg
2008の源流域最後のタナビラ。

c0090530_22343782.jpg
木曽猿さん・HARAさん、良いロッドでしょ?

c0090530_22354490.jpg
たんくろ~り~さん、今日もつぶやいていましたね~

c0090530_22363545.jpg
西野川C&R区間のタナビラ。 対岸ギリギリでライズしておりました。


今シーズン、お付き合い下さったみなさん ほんとにありがとうございました。
また来シーズンも今年以上のお付き合い、どうぞよろしくお願い致します。

お疲れ様でした!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-09-28 22:44 | FlyFishing

ラス前釣行

c0090530_2140524.jpg’08シーズンもいよいよ終盤。 先週の3連休は釣りに行けずストレスが溜まる3日間、でも翌週は埼玉のかねこっち(T-madeリール)がこちらに来ると言うことで一緒に釣をしてストレス発散じゃ~~と楽しみにしてた今週。 なのに・・・ 台風が週末この辺りを直撃!? 駄目か~~と諦めモードでいた、 が、しかしあまり影響も無いようなので予定通りに計画を進行した。

まずは前日に飯田の兄貴(毛鉤人さん)の家で前夜祭。
かねこっち到着を待って、ビールで乾杯!!
その後は、かねこっちのリールとシマネッツさんの木鉤を酒の肴に2時過ぎまで焼酎で・・
知らぬ間に意識が無くなり翌朝となった。

今日はドイッチさんを含め4人で釣行予定、ドイッチさんと待ち合わせの道の駅に20分遅れで到着。 今にも泣き出しそうな空は丁度その頃から涙ポロポロ、流石にこの時期の木曽は肌寒さを感じるが目的地に向かいいざ出陣となりました。

終日レインウェアーを脱ぐことが出来ない空模様ではありましたが、ブルーな天気とは裏腹にラス前の釣りを皆で楽しんで気分爽快の一日となりました。

残すはラスト釣行のみ。
しっかり楽しんで、’08シーズンをしっかり締めますよ!!


c0090530_2293998.jpg
酒の肴に・・


c0090530_22104112.jpg
毛鉤人さん、またまたお世話になりました。


c0090530_2211319.jpg
かねこっち、遠くから出動で お疲れ様!!


c0090530_22131011.jpg
ドイッチさん、帰りの高速は飛ばし過ぎでっせ!!



c0090530_22141624.jpg
木曽のタナビラは、しっかりと秋色に染まっていました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-09-21 22:23 | FlyFishing

パラダイスなのに・・

c0090530_1823659.jpg暑い夏が過ぎる頃に、西野川にはダムから遡上する大あまごが出ると巷では騒がれ、それは狙いに行かねばとなかぢとかねてから約束をしていた。

お盆の休みに東京の友人がここを訪れ、40cmオーバーのタナビラを確認している。 ほんとはもっと早くに行きたかったのだが、先月末には神流のフォーラムもありウズウズしてたのだが、約束通りの今日に。

S坂兄さんの話によると、朝一とかじゃなく昼近くが良いとのことでとりあえず朝一は行きつけの源流域に。 8時釣開始でゆっくり攻めても4~5時間の行程、その後西野川に向かうスケジュールで・・

入渓地点直ぐに大物が潜む堰堤。 とりあえずライズを確認するがただの1回しかライズは確認できず、ライズした場所を二人で交代で攻める。 お互い#14サイズのフライからスタートするも反応無しでサイズを落とす。 #16そして#18スペント、それまで反応は皆無だったがゆっくり流れるフライに黒い影が・・ 疑いも無しに吸い込むように・・ よっしゃ、食ったと合わせを入れればすっぽ抜け? 

ベストタイミングだったのにとフライを確認すれば、5xと7xの結び目で切れている。 う~~~~~~  気を取り直し再度システムを作り変えている最中になかぢがヒット!! 結構良型のタナビラじゃん!!

その後二人で攻め続けるが、場荒れしたのか反応なし。
ここは諦め堰堤を越えることに。

そしてそこからはパラダイスが・・
10分交代で釣り上がるが、2~3分で交代するほど反応が良い。
おまけにいつもはイワナの方が多く出るのに今日はこのサイズ(いや、もっとでかいのも・・)のタナビラが
c0090530_18423173.jpg
出るわ出るわ。 しかし、バラすわバラすわで。

脱渓地点間際で上流からルアーマンが降りてきて、迷いも無く川を上がることに。
ここには5~6回来ているのだが、今日ほど反応が良かったのは初めて。

コンビニで買った昼飯をたいらげ、次の目的地西野に。
まずは橋上から状況を確認すれば、おるおる!!  40cmオーバーも5~6匹!!
ただ水面は意識して無いよう。

ならば時間を置くためにそこのプールまでの瀬を叩き上がろうと下流域に。
とりあえず20cmほどのタナビラが出てくれたが、それは上流のプールを攻めるためのプロローグと。

が、しかし天候が急変し雨が・・ そして土砂降りと変り逃げるように川を脱出。
駐車場は川のように雨が流れ、今日はここまでと早々に撤収。

今シーズン中にはなんとかと、帰りの車の中で作戦会議をするものの、はてさてどうなることやら・・・   ですわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-09-07 19:03 | FlyFishing