ギフの山猿「フライ日記」

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神流川Catch&Release Forum 2008

第九回神流川C&Rフォーラムに、関西(gonzaさん)そして中部勢(ばびいさん Rollyちゃん なかぢ よね yu-ko)の7人で参加して来ました。
昨年は台風のため中止となりその分も多いに盛り上がりましょうと集まった面々、もう楽しすぎてあっと言う間に過ぎた2日間でした。

初日は「本谷毛ばり釣り専用区間」で釣りをして、夜はウ”ィラせせらぎで懇親パーティー。
翌日は神流川C&R区間設定10周年記念座談会の今回のメニュー

1日目
c0090530_21152231.jpg
本谷毛ばり釣り専用区間での開会式

c0090530_21175347.jpg
練馬の住人さんの司会で・・

c0090530_2119881.jpg
開会式の後はPM5:00まで自由に釣り。 群馬在住の つっちー にガイドを・・

c0090530_21212792.jpg
お陰で綺麗なヤマメちゃんにご対面。

c0090530_21221064.jpg
釣り場では出来るならご対面したくない面構えの面々(右から 狩野川3人衆 アッちゃん&ヨッちゃん&ヒデちゃん つっちー gonちゃん)

c0090530_21253516.jpg
そして夜の部突入

c0090530_21262432.jpg


c0090530_21264673.jpg
もちろん、2次会も・・


2日目

まずは朝食
c0090530_21275845.jpg


そして上野村役場に
c0090530_2129822.jpg
3時間半ほどの時間ではありましたが、大変感動し勉強になった座談会。

c0090530_21323073.jpg
楽しい時間はほんとに早く流れ、神流川を後にする頃には前日とは打って変わっての天気。

名残惜しむように仲間達と別れ、昼を少し回った頃に神流川を後にした。


そして・・
ちょっと寄り道をして軽井沢に。
かねてから一度は行ってみたかったこの店に・・
c0090530_21461228.jpg


Flyfisherである shakerさん の営む 「COFFEE HOUSE SHAKER
c0090530_2152221.jpg


c0090530_21524323.jpg


c0090530_21531183.jpg

美味いcoffeeと美味いスイーツを美味い空気の中で・・


とにかく楽しすぎた2日間、素敵な仲間達と過ごせて幸せでした。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-08-31 22:11 | FlyFishing

木曽へ・・

c0090530_1955313.jpg行って来ました。 と言っても今回は釣じゃなく味覚の旅~~~~

今回の一番の目的は開田高原のあま~~いトウモロコシ。 開田は盆までがブルーベリー、そして盆が明ける頃にトウモロコシ、でもってトウモロコシが終わる頃に新蕎麦。 狙いによって時期が変わるのだけど、今回はトウモロコシと言うことで今日にしたわけ。

まずは最初に向かったのは 「開田高原アイスクリーム工房」   ここには釣り仲間である木曽猿さんがみえる。

開田での釣の情報なら彼に聞け、そして開田で美味いもの食うなら彼に聞けでまずは彼を訪ねてアイスクリームをほうばる。
お決まりでまずは釣の話しから、そして昨年もトウモロコシ農家を紹介してもらい直接買いに行ったのだけど、今回も彼にお願いしてまたもやその農家にお世話になることに。
c0090530_20101726.jpg
アイスクリーム工房でもこの時期はトウモロコシソフトがメニューに加わるが、そのもろこしを購入しているこの農家は出荷専門(だと思う)のためその日の収穫量は決まっている。 そのため木曽猿さんに電話を入れてもらい特別に収穫してもらうわけ。
昼からお邪魔することを告げてもらい、まずは腹ごしらえ。
c0090530_20161369.jpg
ここのお奨めは天ざると言うことなのだが、雨が降ったり止んだりで流石に高原は肌寒いから温かい天そばを注文。 太さもまばらそしてやや短めのそばはしっかりとそばの味がしてそりゃもう最高でした。
c0090530_20205266.jpg
腹もはちきれんばかりになりトウモロコシ農家に行くにはまだ時間があるため、近くにあるKAIDA FARMに・・ この日はブルーベリーも終盤でブルーベリー狩が無料開放。 ならば腹減らしのため受付を済ませ果樹園へ、確かに実を付けた木は少ないもののしっかり探索をすれば2~300gは採れる。 蜂さんが多い木は実も多く、蜂さんのお食事の邪魔をしないようにもぎ取りジャムを作るくらい収穫できた。
c0090530_2034686.jpg
そしてトウモロコシ農家に向かった。 木曽猿さんに電話を入れて頂いたお陰で、「今もぎ取って来ました」のトウモロコシを購入し
c0090530_20374028.jpg
帰りには石釜パンを購入、締めに温泉に浸かり釣で開田に行った時とは違う楽しみをしっかり満喫してきました。 

バテ気味の身体もこれでリフレッシュ、さ~~ぁ来週からシーズン終盤の釣を満喫しますわな。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-08-24 20:49 | Life

盆釣珍 2008

c0090530_1829724.jpg


今年で3回目となる「盆釣珍」。 いつもお世話になっている飯田の兄貴(毛鉤人さん)の家に、軍団の盆の帰省と称して始まったこの集い。 昨年はHarryも加わり回を追うごとにメンバーが増えて行く感じ。 もちろん今年も新メンバーとして、 江戸のゴリ松殿 つっちー殿 ミツマル殿も加わり盛大に幕をあげた。

初日はグルメ&温泉、そして夜のBBQと釣りをしないでのんびりと。
まずは「金万」の天丼
c0090530_8433370.jpg
信州飯田に入ったらここの天丼を食わねばと兄貴&軍団中部メンバーで・・
そして遠方から来る仲間達が到着するまでに夜の買出し。

4時に温泉のスケジュール、Harryは約6時間掛けてぎりぎり間に合ったが関東組みがやや遅れると言うことで関東組みを抜きで「天空の城」のお湯を満喫。 信州と言ってもさすがに暑い、汗ばんだ身体をサッパリさせいよいよようの部に突入。

炭が起きた頃に残りのメンバーも到着し・・
c0090530_854571.jpg
その後は、呑めや・食えや・語れやであっという間に時間が過ぎ、いつものように知らぬ間に意識はなくなっていた。

そして翌日・・
c0090530_8573859.jpg
大所帯で兄貴のホームリバーに。 さすがに大所帯では同じ場所は無理なため上流・下流に分けて入渓。

下流域はややハードなため、つっちー号で軍団若組みが。
c0090530_905022.jpg


c0090530_925416.jpg
                              飯田の兄貴

c0090530_935440.jpg
                              兄貴&なかぢ&Harry

c0090530_95078.jpg
                              江戸のゴリ松殿&らぁ~姐

大所帯・先行者あり・超渇水・どピーカンの悪条件なりにもそれぞれ釣果あり。
c0090530_9102290.jpg
兄貴と私のダブルヒット。 兄貴のお魚は恥ずかしいのか顔を隠しておりますわ。

午後からも分散しての釣、皆の顔には笑みもこぼれるが疲れもうかがえる。
夕方近くにはそれぞれ次の用事もあるため、ばらばらで解散し「盆釣珍 2008」の幕閉じとなった。


仲間が仲間を呼び年々盛大になる盆釣珍、来年は恐ろしいことになるとちゃう? 兄貴・・

今年加わった新メンバー

c0090530_9242671.jpg
                              江戸のゴリ松殿

c0090530_9273727.jpg
                              つっちー殿

c0090530_9285860.jpg
                              ミツマル殿
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-08-16 09:32 | FlyFishing

久しぶりの・・(そして、おNewの)

c0090530_1815559.jpgこのお方と出会ったのは何年前だろう・・ と言うくらいかなり昔。 彼は横浜からこちらに越してきた。 その当初はルアーの釣をしてたのだがこちらに越して来たと同時くらいにフライに転向。 同じ町に住む彼とはとにかく一緒に釣りをしたものだ。

一応そのころはフライ暦も私には多少なりともあったことから、手取り足取りで未熟なりにも指導をさせてもらい1本出す喜びを互いに分かち合ったもの。
それから彼にも本就職が決まり、休みが合わないことで一緒に釣をする機会もまったくに近い常態になった。 

そんな彼から2ヶ月ほど前に連絡があり、今日のこの日が休みだから一緒に釣しましょうと即決で約束を、釣をする場所は2日前までは未定だあったが昔を懐かしみ木曽川漁協圏内にした。

結婚、そして子供も出来隣町に越した彼に迎えに来てもらいいざ木曽へ・・
募る話も多く2時間チョイの道のりもしゃべりっ放しで目的地には直ぐに着いてしまった感じ。

早々に準備を済ませ川に降り立つ。
ここんと頃の水不足でR19から見える木曽川本流は恐ろしいほどの渇水状態。
心配はしていたのだが連日の夕立で何とか釣りは出来る状況。
今日のこの場所は私は4回目、彼は初めてということで一応ガイド役。
入渓地点から少し下って釣開始。

最初の場所で魚の姿は数匹確認できたもののまったく水面上に浮いてこない。
とりあえず釣り上がり細かい反応が多数あるのだがまったく乗らない。
そしていつも大物が潜む堰堤に・・

ライズを2つほど発見、体制を低くしてキャストすると1発目で反応が。
しかし乗らない。 二人で交互にフライをとっ替えひっ替えするが反応するのみで結局乗せること出来ずに堰堤を越えることに。

そこからは10分交代で釣りあがり。 
細かい反応は相変わらず続く。
何とか食わせた魚もオーバーハング気味の場所でしっかりフッキングできずさようなら。

そして大場所で彼の番が・・
以前大あまごを出したこの場所、彼にそれを告げ慎重に近寄りキャスト。
「お~~」の声に目をやればかなりの良型が恐ろしいほど曲がったロッドの先に。
慎重にやり取りをし彼は一段下に下らせた。 そこには流れて引っかかっていた小枝、それにからまりついでに潜られた。 まだまだロッドは曲がった状態だが水面に引きずり出せない。
リーダーを手繰り回収に向かった彼だが・・
c0090530_18545916.jpg
その先には生命感がなくなっていた。

そしてその直ぐ上でわたしに
c0090530_18572563.jpg
ヤマト系の良型がヒット。

反応も良くなったかに思われたが、その後も細かい反応に悩まされ何とかも一本追加した私。
脱渓地点も近づき出来る限り大場所には彼に竿を振ってもらい
c0090530_1901711.jpg
良型をゲットし安堵の表情。

4時間ほどの釣りあがりで目的の脱渓地点に、空模様も今にも降りそうな状況に変り一旦上がって昼食を取ることに。

車に戻ったと同時に大粒の雨が・・
であった頃の二人ならまだまだ~と釣りをしていただろうけど、お互い歳を取ったせいでこれで上がりますかと着替えを済ませ雨をしのげる場所で昼食を済ませとろとろと帰路に着いた。

久しぶりの二人だけの釣り、引き数は少なかったものの反応も良く暑い夏の釣としては満足で5時頃には家に到着した。 お互い歳を取ったことでガツガツした釣もせず、身体に優しいこのような釣ならまた是非しましょうと約束をし今日のこの日を終えた。


そしてこちらが、おNewの・・
c0090530_19113870.jpg
私はこれの初期型を使用していた。 未だなんら問題も無く使えるのだが、広角28mmに魅力を感じ衝動買い。 で、その魅力はお魚の写真を見てもらえれば分かるように1cmマクロで撮影しても今までのものよりやや上方向の角度でも魚の全体がとらえられる。
これは満足かもっ!! てなわけです。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-08-10 19:23 | FlyFishing

休竿日(の正しい過ごし方)

ここのところの猛暑のためやや夏バテ気味。 お魚さん達もバテ気味で、今週末は「休竿日」とした。

となるとまずは伸びすぎた髪のカット。
c0090530_1826146.jpg
行きつけの「美容室bob」に予約を入れ朝の7時過ぎからうっとしい髪をばっさりと。 山猿専属ヘアスタイリストHさん(右)とアシスタントのMちゃん。 こちらは私の娘の幼馴染(同じ町内ね)。  
Hさん、Mちゃん スッキリ・サッパリとなりました。 ありがとさ~~ん。

9時頃に散髪も終わり次は我が愛車の洗車。
c0090530_18441754.jpg
毎週のように野山を駆け回りお見事な汚れ方。 手洗いで丁寧に労わるように洗い流す。
汚れのひどい足回りにはワックス、ウィンドウコーティング、ついでにタイヤワックスも・・

昼近くに洗車も終了。 昼飯を食って次は・・
c0090530_1850134.jpg
釣の小物品の補充に「加藤毛ばり店」へ。 リーダーが底をついたのでまずはそれを、後はフック&タイイングツールを購入し、店内で情報交換。 これが始まるとついつい時間を忘れてしまうのだが、今日は愛車のディーラーに寄らねば。

と言うのも洗車中に気付いたのだが、フロントガラスの丁度運転席正面に15cmほどの傷が。
運転する際丁度目線に入る物で気になって仕方ないわけ、で修理見積もりをと思い寄ったのだけど、傷は大したこと無いのだけど修理は無理。 フロントガラス交換しかないとのこと。
それから保険屋さんに行き手続きをして帰宅。

本当なら2日間でこの予定をこなそうかと計画してたのでけど、1日で終了してしまった。

さ~て、明日はのんびり起きてタイイングでもしますわな。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-08-02 19:02 | Life