ギフの山猿「フライ日記」

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Big two days

c0090530_21283288.jpg
冒頭からお見苦しいものをお見せしまして、誠に申し訳ありません。

さてさて話を変えまして・・  先週末の土日はとてもBIGな2日間でした。

First day
この日は大阪「ビキナーズ・マム」さん主催の、佐藤成史さんのスクールが石徹白で行われた。
そこの常連さんがお見苦しい写真のお方で、お手伝いを頼まれたわけ。 もちろん喜んで飛んで行きました。 前日の雨のせいかなかなか厳しい状況の中、流石佐藤さんはバリバリ大物を出されていました。 参加者の皆さんは4グループに分けられ、佐藤さんの講習を受けられていない方々をガイドしたわけですが、そりゃもう私なんぞがガイドするなんて失礼にあたるかたばかりで大変申し訳ない気持ちで夜の宴に参加せずに帰宅しました。 ビギナーズ・マムの姉御様には、いろいろお世話になりまた来年もこのイベントを企画されるような話を聞きましたので是非その時は二日間飲まず食わずで今回のお礼をさせて頂こうと思っています。 それから参加された皆様方、お役に立てずに申し訳ありませんでした。 また何処かで見かけたら声を掛けたやってください。
c0090530_2211016.jpg


Second day
そして二日目は、木曽の源流釣行。 昨年木曽の案内人のダンさんと木曽の源流に入ったとき、今年は何回も世話になる約束をしていてその一回目。
c0090530_2264699.jpg
飯田の毛鉤人さんとら~姉さんと合流しダンさんの待つとある駐車場に・・ その後くだらない話を済ませ最初の渓に向かった。 先行者ありの状況の中4人で釣りあがるが、時期的にまだ早いせいか数は出るものの可愛子ちゃんばかりで昼食を取り次の渓に。 ここで二組に別れ、私とら~姉さんは堰堤下で釘付け状態。 なんとか「木曽のタナビラ」と呼べるサイズを釣り上げ、Big two daysの終了となった。
c0090530_22215312.jpg
最後に木曽の激美味蕎麦屋で蕎麦を食し、楽しい二日間の締めとした。
c0090530_22253461.jpg
二日間お世話になりました皆様方、ありがとうございました!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-05-27 22:29 | FlyFishing

五月雨

c0090530_2254485.jpg
大阪の友人gonzaさんが石徹白入りすると言うことで、ご一緒釣行をするためにわたしも石徹白に向かった。 昼からはRollyさんも合流する予定である。 前日から車中泊しているgonzaさんを待たせてはと思い、高速をぶっ飛ばす。 1時間強でいつもの駐車場に・・ うん!?見慣れた二人組み? やはり稲さん・浅さんじゃん。 とりあえず挨拶を済ませgonzaさんところに、丁度朝食中でRollyさんとの合流もあるためスキー場の駐車場に移動。 するとgodzillaさん・洋さん・BILLさんも石徹白入り。 そして谷川夫妻まで・・ 今日は朝から知り合いばかりで気分ルンルン、天気も最高と思いきや釣開始30分後から降り始めた五月雨が一日中降り続き寒い一日であった。c0090530_23165891.jpgc0090530_23172959.jpg

         








          gonzaさん                    稲さん 浅さん

c0090530_232702.jpgc0090530_23272097.jpg









          godzillaさん                      洋さん

が、さすが石徹白 みなさん二桁釣果。 帰りにだるまやで今日の反省会をし、それぞれ帰路に着いた。 寒い一日でしたが、みなさん お疲れ様でした。
c0090530_23335845.jpg
出演
gonzaさん・さん・さん・godzillaさん・さん・BILLさん・シャックマンさん・吉田ロッドさん・谷川夫妻・Rollyさん そして山猿。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-05-19 23:46 | FlyFishing

御嶽の里 きそまちわくわく自然学校

c0090530_20322930.jpg
木曽三岳村で行われたイベントに参加してきました。 多くの友人と過ごした二日間、どえりゃ~楽しくて腹筋・頬筋が筋肉痛になりました。 ネタベスト3は  「放物線」 「サバゲ」 「ミニスカート」
楽しすぎて文章にすると長くなりそうなので、写真アップのみにしておきます。

出演
関東甲信越:江戸のゴリ松さん・ナガシマさん(flux)・inaxさん・練馬の住人さん・かおりさん・巨匠RWさん(佐藤成史さん)・毛鉤人さん・ラー姉さん・志水さん(ジャニス)・岡村さん(釣人社)
中部:Rollyさん・なかぢ・米・yu-koterryさん・godzillaさん・黄昏店長さん(ダスク)・斉藤さん・杉坂隆久さん・木曽ねこさん・窓際さん

c0090530_2114775.jpg

c0090530_21143350.jpg
c0090530_21172571.jpg
c0090530_21182440.jpg
c0090530_21184332.jpg
c0090530_21185860.jpg
c0090530_21193167.jpg
c0090530_21194531.jpg
c0090530_21202581.jpg
みなさん、楽しい時間をありがとうございました。 そしてお疲れ様でした。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-05-13 21:22 | FlyFishing

FLY・FISHIN'

c0090530_2205393.jpgFLY・FISHINGのGを取り除いたネーミングのこのゲーム、今から4年ほど前にネットで知り合った仲間から広がった。 取扱店は「トイザラス」と言うことで早々に出向き購入、確か2980円だったと思う。 それが片づけをしてるときに出てきて久しぶりにやってみた。 操作はいたって簡単、キャストはこのゲーム自体を振り込めば画面上にラインが伸びてゆく。 ロングキャストはフォルスキャストを2回で3回目にシュート。 ミドル・ショートレンジはフォルスキャストの回数を減らせば変えられる。 あとはライン先端のフライ(小さな点)に魚がライズしたらゲーム自体を立てればヒットするわけ。 タイミングが悪ければ空振りもあり。 ヒットするとバイブ効果でゲームが自体が振るえ、画面のラインも一直線になる。 あとはラインを手繰るかリールを巻き込めば取り込みが出来るのだが、テンションバーが上昇しすぎるとラインブレイクしてしまうのでライン手繰りまたはリールの巻き込みを制御してやらなければいけない。 アップで釣をしている設定か、何もしなければラインにたるみができるのでラインを手繰りたるみを取る。 画面上にライズする魚を見つけ、キャスト位置を変更してキャストすると釣果も違う。
c0090530_2227119.jpg
ライズの仕方も回数も違うから、フライを選択して振り込むことでまたまた釣果も違う。 ちなみにフライは16種類、CADDIS.STONE,MAYFLYそしてMIDGE,WETまである次第。 このゲームは間違い無しにフライをやったことがある人が考えたに違いない。

今週末、木曽でイベントがあるので忘れなければ皆さんに夜まで釣をしてもらおうかと思っています。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-05-08 22:34 | etc

祝杯!!

c0090530_22102265.jpg今日は石徹白の帰りに「だるまや」に寄って祝杯。 何があったかと言いますと、我が愛弟子のyu-koが な・な・なんと初尺をゲットしたわけです。 それも33cmの岩魚!! GW後半のスレスレの状況の中で、おみごとの一言に尽きますわ。 それに7匹も釣り上げたとかでそりゃもう祝杯しかありません(と言っても、車の運転の都合上、米だけですけどね)。 私は唐揚げ定食を頼んで、唐揚げ一つをyu-koにプレゼントしちゃいました。(なんと弟子おもいの師匠だこと)


c0090530_22244920.jpg
で、今日の状況はと言いますと、朝7時頃はほんとにGWかよと思うくらいスキー場駐車場には一台も車無し、早々に準備をし銀座プールから銀座通りを一流し。 やはり先行者無しの状況下では反応も良く駐車場まで4本ゲット。 前回反応が良かった下流域に場所移動。 その頃からどんどん釣人も増え始め、先行者ありありの状況に一転。 そんな状況の中でも竿抜けポイントではなく一級ポイントでウハウハ状態。 昼飯チョイ前、米と合流するまでに5本追加。 とりあえずここで昼飯を・・ 
c0090530_22395472.jpg
昼食後はそれぞれ好きな場所からの釣り上がり。 その後4~5本追加、そのときにyu-koのドラマが起きたわけです。 その後3人合流し土手で座り込んでイブのライズを確認していると、地元の老人釣師がやってきた。 「どううやな、釣れるかの?」 老人は餌釣の竿を片手に、しかし糸の先には毛鉤が・・ これぞ超和風毛鉤釣のスタイル。 70は越える老人が、70cmの岩魚との格闘の話を得意げに話してくる。 フライボックスならぬ毛鉤箱には、自分で巻いたと言う#10サイズくらいのパーマハックル毛鉤。 いったいどのような釣スタイルなのか、見てみたい気もしたが老人は毛鉤を自分のフリースベストに引っ掛けてんてこまいであったので、ここで撤収しだるまやに直行したわけ。 米&yu-koは車中泊し翌日も石徹白で釣、私は翌日用事があるため渋滞の156を南下しした。 ミドリカワゲラのハッチもかなり多くなってきた、瀬ではイエローサリー・クロカワゲラなんでもいけるのだが、ライズはやはりサイズを落とさないと出てはくれない石徹白の魚達に、今日も楽しい思いをさせてもらった一日であった。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-05-04 23:02 | FlyFishing