ギフの山猿「フライ日記」

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2週間ぶりの釣

c0090530_2141201.jpg今年のGWは、前半3日中2日挟んで後半4日。 とりあえず前半はなんとか休日出勤もまのがれ、釣三昧とゆこうかと思ったのだけど初日は仕事の疲れでのんびり過ごし、今日2週間ぶりに釣に出掛けた。 6時頃家を出て、石徹白には7時チョイ過ぎに到着。 気温は4℃とまだ肌寒さを感じるが、さすがにGWもう何人も川に入っている。 ぼちぼちと支度をしいつもの銀座プールに、ハッチはあるもののライズはまったく無い。 水も少なめで魚が居るのか確認のためとりあえずニンフを沈め一投目でイワナをゲット。 直ぐさまドライにチェンジしライズの無いプールを流すがまったく反応なし。
c0090530_21553228.jpg
プールをあきらめ叩き上がり、駐車場まで2本のイワナが出てくれた。 その頃に米とyu-koも到着しそれぞれ好きな場所に釣に入った。 駐車場上は満員御礼なためキャンプ場まで下りライズを確認、単発であるがなんとかライズがあるので少しつついてみたがとにかく渋い。 前日かなり叩かれたのか、#26まで落としてなんとか1匹を取るものの風が下流から吹いて上手く流せないためまたまたプールをあきらめその上を叩き上がる。 2~3本反応はあったが乗せ切れず、米&yu-koと合流し昼飯を取ることにした。 昼からはyu-koと一緒に最下流部から釣りあがる。 最初は支流からの濁り水の影響でまったく反応が無かったが、水が澄み出した頃からc0090530_22113943.jpgぼちぼち反応も出てきた。 昼飯の時クロカワゲラが確認できたから、前々前回エントリーしたあのフライに変更したらもう出るは出るはでしばらくウハウハの時間が続いたが、先行者に追いつくとその先もその先も先行者でイブも待たず撤収することにした。 帰りに3人で「なか卯」のスペシャルディナーをたいらげ、それぞれ帰路に着いた。 2週間ぶりの釣、風が強くてトラブルも多かったが楽しい釣りで終えることが出来た。

追記
c0090530_22245346.jpg
前日に仕入れた「FLAT BUTT」と言うバリバスのNewリーダー、バット部が55% テーパー部28% ティペット部17%とスローテーパーのリーダーを使う自分には不向きだろうと思ったけど加藤毛ばり店のお客さんが薦めるという代物で一度試してみた。 が、やはり自分には合わなかったとだけ書き込んでおきます。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-04-29 22:39 | FlyFishing

マエグロ

2週間の禁漁期間も今日で終わり。 来週からはストレス発散と行きますよ~~
c0090530_19182088.jpg
で、お魚の写真は無いからまたまたフライの画像。 2週間前のエントリーで載せたマエグロを模してみました。 アンダーウイングはラムズウール、そしてコック・デ・レオンとCDCを一緒に束ねウイングに。 まだらのウイングがえ~~と思うけどな~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-04-22 19:25 | FlyFishing

春の新作Ⅲ イエローサリー

昨日今日は町内の用事で禁漁日、用事の合間を見てGW用の毛鉤を巻いた。
c0090530_22143242.jpg
2年前のGW、石徹白でミドリカワゲラのスーパーハッチに遭遇した。 それ以来BOX内には欠かせない存在となった「イエローサリー」。 昨年のモデルを少し変更した新作、前のエントリーで紹介したノズルツールを使いアンダーウイングを取り付けたもの。 CDCのアンダーウイングにラムズウールのウイング、波にもまれてもしっかり浮いてくれることは間違いないでしょ!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-04-15 22:20 | FlyFishing

春の新作Ⅱ ストーンフライ

c0090530_2233545.jpg2007年、春の新作パートⅡはストーンフライです。 原型は山猿カディス。それにコック・デ・レオン ヘン・サドルをアンダーウイングとして取りつけただけのものですが、その取り付け方をちょっと工夫してみました。 CDCなどでストーンフライのウイングを取りつける場合、スレッドで軽く巻きす抜くようにすれば簡単にウイング形状を形成できるのですが、す抜く際にスレッドでこすられ毛羽が立ってしまう。 ひどい場合には切れてしまうなどの問題があった。 スレッドを緩めに巻けばバランスが崩れたり、フレアしてボディサイズに合わないウイングとなってしまう。
c0090530_22132276.jpg
何か良いものが無いものかと考えたのがこれ。 CRC55スプレーなどに付いている延長ノズルをカットしそこにストーク部分を通してス抜いてやればこのように綺麗なウイングが出来る。 これをボディの上に短め乗せスレッドで2回転巻き、2~3mmだけス抜けば毛羽たちも無く綺麗なウイングが完成。
c0090530_22201764.jpg
山猿カディスはスレッドを含め5種類のマテリアルを使用するが、このすートンフライは7種類のマテリアルを使用。 巻くのにちょっと時間が掛かりますが、水中から見た感じはたまらないほど美味そうでパックリ食らいつきたくなりますよ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-04-12 22:26 | FlyFishing

水面の季節

c0090530_18574218.jpg来週・再来週は用事で釣りに行けない。 今週も仕事の都合で釣に行けないかもととりあえず空いた日だけでも釣に行っておかねば、と言うわけで本日単独釣行でホームリバーに。 8時頃からの釣開始、この時期は流石にこの時間帯でも一番乗り。 いつものように銀座プールから、ハッチは先週と比べればしっかりとある、がライズはないからまたもやルースニングで・・ 先週このプールでしっかり釣らせてもらい、それから釣りあがったのだが今日はマーカーが動かない(一本だけ動いたが乗せれず)。 しばらく粘るが反応がないため瀬を叩きあがり、駐車場までになんとか3本の岩魚に遊んでもらった。 駐車場下に来る頃にはやはり釣人も増え、その先は先行者ありなため一旦上がりキャンプ場前まで下る。 そこはライズの嵐、早々にシステムをドライに変更と川中に立ち込んでティペットの結びなおしをしていると見覚えのある赤のベストのお方が道路を歩いてくる。 もちろん駐車場を上がった時にgozdillaさんの車を確認していたから、ここにお見えになっていることは確認済みですけどね。 久しぶりのシャックマンさんもご一緒で、「ライズバリバリですからどうぞ」とお勧めをするが私に気を使われたのかもう少ししたから上がってきますとのこと。 さてティペットも結び替え何を結ぼうか、先ほど銀座プールではオナシかクロカワゲラらしきハッチを確認していたから#18のオナシパターンを。 一投目、一発で出てくれた岩魚は腹パンパン。 気分良くフライのドレッシングをし直し、2投目も一発で出てくれたのだが痛恨 テリッてしまい涙涙。 再度同じパターンを結びレーンに流すがまったく出てくれなくなってしまった。
c0090530_19304480.jpg
フライを替え、3パターン目の#20CDCコカゲパターン。 
c0090530_19361736.jpg
これがはまり、gozdillaさん・シャックマンさんが上がってこられまでの1時間くらいで4本追加出来た。
c0090530_19411636.jpg
周りではオナシ・マエグロのハッチも確認できたが、さすがにマエグロは捕食されていないよう。gozdillaさんのテリルも見させて頂き一旦上がり3人で昼食を・・ 今日は皆さん簡単な食事、でも会話は弾む。 
c0090530_19471076.jpg
さてさて昼からもと思った頃雨が降り出し、風も出てきて寒さも追加されてきた。 私は5時までに帰らねばならなかった、やっても30分くらいであったので二人にお別れを告げ撤収することにした。 水面の季節がもうそこまで来ている、しっかり実感した今日であった。

そして翌日も軍団の連中で出掛けた。 前日より渋いものの、それなりに全員遊んできました。
c0090530_225655.jpg
c0090530_2253160.jpg
c0090530_22551100.jpg

[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-04-07 19:53 | FlyFishing