ギフの山猿「フライ日記」

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

快感(スッキリした日)

c0090530_18233861.jpg先週末は山梨遠征であったが、間際で風邪をひいてしまい涙の断念をした。 初めての川と言うこともあリしっかりと準備をし、これでもかと言うくらいフライを巻いたのであったが使うことも無く今週はウズウズ虫が胸の中に・・ 日曜は用事があるため今日誰が止めても行くぞと、6時半頃に家を出高速をぶっ飛ばしホームリバー石徹白に。 今日もスキーヤーで混むだろうと予測していたが、シャーロットタウンスキー場は今シーズンはもう営業をやめたようで従業員の車のみ。 もちろんいつもの駐車場も無料開放でいつもの指定席に車を止め準備に取りかかる。
c0090530_18335343.jpg
今にも降り出しそうな空模様で肌寒さは残るが気温は5度くらい、雨が降るまでの勝負であろうといつもの銀座プールから。 このプールでライズがあればドライで、無ければルースニングでと決めていたのでしばらく土手上から様子を見ることに。 5分ほど見ていたがライズは無いため、ルースニングのシステムにしプールの最下端に投入。 山猿マーカーがかすかに動いたのにすかさずあわせを入れればヒレピンのイワナが・・c0090530_1842487.jpgそして二投目には綺麗なあまご、結局このプールでは5匹の魚達に遊んでもらった。 それから銀座を釣り上がり3週ほど前に良かった場所に、「ガビィ~~~ン」先行者が3人も。 しばらく釣りあがるが無反応なため、再度銀座プールに戻るがここも二人のフライマンが。 仕方無しにキャンプ場まで下れば、橋下に二人のフライマン。 しばらく様子を見ていたら、WETなのか釣下っていったのでキャンプ場プールから釣りあがることに。 前日に雨が降ったのかやや水が高いため、プールの流れは速い。 何投かするものの無反応なため釣り上がり銀座プールまでの瀬で、3本そして先行者がいなくなったプールで3本の魚たちと遊び昼飯に。 駐車場では除雪車の片づけをしていたが、その脇でラーメンをすすりさて昼からのと思った頃に雨が降り出してきた。
c0090530_18561586.jpg
日も差さぬ寒い日、身体も冷え気味であったのでここで撤収。 この時期短時間での2桁釣果、先週のウズウズ虫もどこかに飛んで行きスッキリした日となった。 家に着けば知らぬ間に爆睡してしまった。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-31 19:05 | FlyFishing

涙の断念

本来は、今のこの時間 軍団の連中で山梨で馬鹿騒ぎしてたはずが・・
c0090530_18245795.jpg
今週の水曜日に喉が痛くなり、翌日は熱が出たから会社を休み病院に。 汗をおもいっきりかいて寝たはずが翌日も微熱のため会社にも行かず山梨遠征に整えたのだが、熱が出たり下がったりで遠征は泣く泣く断念した。 今日は峠を越したのか、熱も落ち着き鼻水とくしゃみのみ。 山梨行きたかったな~~~~~~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-24 18:29 | FlyFishing

楽しい春の一日

c0090530_20554253.jpg
昨年、Rollyさんとなかぢとで丁度この時期に飛騨川水系のこの場所に釣りに出かけた。 その日は今でも忘れもしない、強風の中で3人とも釣れずじまいの一日であった。 そして昨日、Rollyさc0090530_2133584.jpgんとなかぢ、そしてyu-koの3人で出かけまたもや強風であったそうだがそれなりに釣りを楽しんだらしく、今日はその風も止み最高の釣り日和になるだろうの予定で、なかぢ・米&yu-koの4人で出かけた。 現地に向かう道中はそれなりに風は吹いていたが、昨年そして前日に比べればかなり良さそう。 現地のそばのコンビニで釣券を購入、確かに昨年と比べれば風は弱そうだが・・ 早々に着替え川に降り立てば結構強い風、吹流しのようなリーダー・ティペットではあったが4人で交替で釣りあがる。 しばらく無反応の時間が続き昨年を思い出し始めた頃に、なかぢがヒット。 そして私、yu-ko米と続けてヒット。 c0090530_21242053.jpgそして昼飯までには高反応な時間が続いた。 風はまだまだ強いが、ハッチもそれなりに増えてきて昼からに期待を持ち昼食を取ることに。 車を止めた所まで戻る途中、一人のフライマンそして車の直ぐ下にもう一人。 う~ん、どこかで見たような・・ terryさんによく似てるよなとなかぢと話ながら・・ 「やっぱりterryさんじゃない、なぁなかぢよ」としばらく上から見てた、するとこちらに気付かれたのか顔を上げた瞬間「あれっ」 な・ななんとやはりterryさんであった。 お互いblogネタにするからと、下から上から写真撮影。 その後我々は昼食を取り、午前中に上がった場所から釣開始。 風は依然として収まらないが、反応も良くそれぞれまた楽しい時間を過ごした。
c0090530_21325923.jpg
そして終了間際、前日にyu-koが大物をバラした場所に。 yu-koがしばらくドライで粘るが反応が無い様子、ルースニングシステムの私が交代して1投 2投 マーカーが微妙に上流に動いたのにあわせを入れると魚の反応。 ロッドを立てるが曲がるのみで姿が見えない。 するとコンクリートブロックの下にもぐられ万事休すかと強引に引き出せば、40cmはあろうかのヒレピンのレインボーが姿を現した。 またもや走られもぐられるのを防ごうとロッドを立てた瞬間「プチッ」と・・ 取りこめはしなかったが前日の魚の正体が判り、yu-koも胸に詰まっていたものがスッキリし終了とすることにした。 この川は風が強いイメージがまたもや焼きついたが、それなりに遊べ楽しい春の一日を終えることが出来た。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-18 21:49 | FlyFishing

春の新作 コンパラダン

昨年の最終釣行、とにかく激シブで何を結んでも反応が無かった中、フライボックス内いでイミテーション化していたコンパラダンを結んだ。 ライズも魚の気配も無いプールに・・ すると綺麗なあまごが一投で、それ以来コンパラダンの魅力に取り付かれ試行錯誤の末春の新作が完成した。
c0090530_22174237.jpg
コンパラダンをあまり使わなかった理由は、フロータントをしっかり付けても数投でケツが沈みピューパ状態になる。 それを解消するためエアロドライウイングでテイルを付けていたのだがいまいちリアル感にかける。 で、今年の新作は・・ テイルはコックデレオンを取り付けその根元にロール状にボディ色と同じエアロドライウイングを取りつけた。 下側から見てもエアロドライウイングはロール状に取り付けてあるため違和感が無い。 とりあえず洗面所の浮力テストはクリア。 後は川の流れの中での検証をするのみ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-14 22:30 | FlyFishing

冬に逆戻り(吹雪の石徹白)

c0090530_18451062.jpg先週は春の陽気で石徹白の魚の活性も良く、今週も一人欠け軍団メンバーで出かけることとなった。 前夜から我が家に集まり、酒を飲みながら「山猿マーカー」の作り方講習そしてコンパラダンのタイイングセッションなどで夜も更けた。 夜は雨が降るが9時頃から晴れ間の覗く天気と言うことで朝マックを済ませいざ出陣。 白鳥に近づくにつれあたり一面が銀世界と変わり、先週の風景とは似ても似つかない状態。 桧峠は路面にも雪が、風で車が雪崩に巻き込まれたかと思うような状態にも遭遇し現地に着いた。 先週は日の当たる場所は雪も無く、川に下りるのも問題は無かったが今日はそうも行かず一足一足を確認しながら川に下りた。
c0090530_1853149.jpg
4人での交代での釣り上がり、入渓地点でRollyさんがみごと尺イワナをゲット。 水温4℃ではあったが期待が持てる一匹目。 が、風も強まり吹雪状態でその後はいまいちパッとせず早々に撤収となった。 帰りに一山越えれば最高の天気、別世界に行ってきたかのようななんとも不思議な一日であった。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-11 19:01 | FlyFishing

石徹白 解禁!!

c0090530_21191588.jpg2月の長良川はいつもコテンパンにやられる、で3月の蒲田で少し遊んで4月はあちらこちらの川に、そして5月頃からホームリバーである石徹白に通うのだが、今年はスキー場の重油流出事故により解禁早々から石徹白に通って川の状況を調査しようと山猿軍団のメンバー(Rollyさん・なかぢ・米・yu-ko)で決め3月からの出動となった。 正直この時期の石徹白は初めてで、ニンフを主に巻いて挑むことにした。 現地にはgodzillaさんとduskの黄昏店長、そして白鳥の松ちゃんと合流しての釣りとなった。 godzillaさんらは我々が到着する少し前に入られ、ドライで結構遊ばれた様子。 陽気はもう春、わたしも一旦ドライを結んだが、れいのマーカーのテストとルースニングのシステムを変えて長良川のライズ取り同様、少し力を入れてみようと一日ルースニングで通した。
c0090530_21382149.jpg
最初の一匹目はマーカーを引き込むあたりでなんなくとることは出来たが後の数匹はマーカーがかすかに動く程度のあたりで、それを拾えるこのマーカーの感度はグッドであった。 つづいてシステムもドライのままでフライをニンフに変えマーカーを付けるだけのもの。 それが出来るようになったのもこのマーカーのお陰かな。 3時頃に雪代が入り濁りも出てきたので上がることにしたが、とりあえず区間の中流域は重油の影響は今は無いような気がした。 今後も通いつめ、上流域、雪解け後雨後の状況はどうなのか調査しながら釣りを楽しみたいと思います。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-04 21:53 | FlyFishing