ギフの山猿「フライ日記」

”プリプリ♪”

c0090530_2024693.jpg先週は選択ミスで釣りに行けず、フライ巻き巻き週間となり7月いっぱいくらいまでのフライが補充できた。 となるとどうしても釣がしたい衝動にかられ、うんもすんも言わず朝早くから木曽に飛んで行った。

先週は大水が出て川はリセットされたとの木曽猿さん情報で、狙いを定めたのは開田のS川にそそぐ支流。 小川のようなこの川は水が出た後に大物が出没した経験があり、まずはここから攻める。

入渓地点で一投目から反応が・・ しかし水しぶきが妙に小ちゃい。
流れの中は全てフィンガーサイズ、ならば要所要所のポイントにフライをとどめるもここも何でと言うくらい小ちゃい。

2時間ほどでこの場所は撤収し、開田高原アイスクリーム工房に向かい木曽猿さんに情報をもらい作戦の練り直し。 どピーカンで昼間はちょっと厳しいであろうと言うことでN川にそそぐ支流を、そしてその後にN川を攻めて終了と言うパターン。

c0090530_20224118.jpg
流石、地元アングラーの情報は的中。 サイズこそ大物は出なかったものの、プリプリあまごとイワナちゃんが程よく遊んでくれた。

c0090530_20263311.jpg
約2キロほどの行程、単独釣行のため4時間ほど振りっぱなしで流石に疲れた。 車に戻りとりあえず昼食を・・ 疲れはピークに達していたが2時を少し回った程度で、予定通りN川を攻めることにした。

先ほどの川とは流れも変わりポイントが選定しにくい。 が、ここぞポイントでは出てくれてこちらもしっかり遊べた。 2時間ほど叩いて疲れも最高潮、50mほど先に見える堰堤まで攻めたらもう止めようと決め最後の集中を・・

c0090530_20372615.jpg
堰堤一段下の太い流れ、瀬尻から肩までフライを・・  肩ギリギリ、ピックアップをしようと思った瞬間水しぶきが。 合わせを入れると今までの魚とは違う引きが。 「う~~ん、スレか?」  ロッドが絞り込まれるのを絶え、一段下に落としなんとかランディング。 

スレではなく見事にバーティカル・アントを食わえて居たその魚体は、今までのあまご以上のプリプリで木曽特有のどす黒い輝きを放っていた。


う~とにかく疲れた、後は無事帰るのみ。  

そうだ、眠気覚ましにプリプリの歌をかけて帰ろう!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-06-28 20:55 | FlyFishing