ギフの山猿「フライ日記」

”たくみの技” (ヤマトだけの渓)

c0090530_21522668.jpg今週はあやうく休日出勤になりそうであったが、仕事の方も順調に進みなんとか休みに。 先週飯田の兄貴から今週はたくみ君と釣りに行くから一緒にどうと誘われていた。 たくみ君とはニアミスばかりでまだ一度も会ったことが無く、金曜の夜から飯田入り(兄貴の家)するとのことでおいらも急遽飯田入りすることにした。

中央道をぶっ飛ばし10時過ぎには飯田入り、兄貴と酒を酌み交わしながらたくみ君を待つ。
12時近くに彼が到着、仕事で疲れていたので彼とご対面したら寝るつもりでいたのだが、結局3時まで・・・ (二人は4時ごろまで飲んでたらしい)
翌朝は8時起床でのんびり出撃。 

途中で林道は工事車輌で通行止め状態であったが、工事関係者の方が道を空けてくれ目的地までたどり着くことが出来た。 本来なら餌釣師のめっかであるこの場所も途中の林道工事のお陰で今日は貸切状態。 

早々に準備を済ませ期待ムンムンで川に降り立つ。
やや水は大目だが濁りも無く・・までは良かったのだが下流からの風が強くトラブル続きで反応も無く昼少し前までは釣果なし。 集中力も欠けだした頃ようやくファーストフィッシュ。
c0090530_2217057.jpg
時間なのか場所なのかわからないが、それからは要所要所では反応が・・ 兄貴と私のダブルヒット、シマネッツを並べての記念撮影。
c0090530_22205240.jpg
しばらくたくみ君はNOフィッシュであったが、ついにたくみの技で今日の初物をゲット。
c0090530_22233326.jpg
その後も高反応は続き、昼飯も抜きで5時頃まで。
c0090530_22283221.jpg
脱渓前に私の今日一サイズが・・・
c0090530_22294482.jpg
3人で釣り上げた魚は全てヤマト岩魚であった。

まもなく夕食の時間にようやくの昼食、寝不足気味で疲れもピークの状態ではあったがそれぞれの顔には笑みもこぼれ、梅雨時期の最高の釣となった。


兄貴の作ってくれたコーヒーを飲み干し、たくみ君と私は睡魔に襲われることなく中央道をかっ飛ばしそれぞれ帰路に着いた。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-06-07 22:42 | FlyFishing