ギフの山猿「フライ日記」

長良川修業 その七(戻りシラメ)

c0090530_185731.jpg先週木曜にまとまった雨が、そして翌日もスッキリしない天気。 川の状況をネットで調べれば30cmほど水位は高く、天気予報では土曜が晴れ時々曇りそして日曜には夜からまた雨のようで本命日は日曜と決めていた。 

土曜の朝水位を調べると20cmほど下がっている、とりあえず出掛けてみて美濃市辺りの長良川の状況次第で止めるか決行するかを決めようと・・  やや水も多そうに見えたが釣が出来ない状況ではないとR156を登ることに。

遅い時間の出発のため途中で寄り道はせず先週良かった場所に直行。 O氏が既に立ち込んでライズ待ちの状況、ライズはたまに起きる程度のため二人でで土手に座り込んでライズを待つことに。 

しばらくすると「こんちわ~」の声が、G王君ではないですか。 確か今年2月に関観前であったきり、30分ほどあんな話やこんな話で盛り上がり時間が過ぎた頃ライズも狙えるほどになって来た。 G王君は上流側を偵察してくるとのことで、O氏と二人で立ち込み開始。
先週良かった同じポジションでそれらしきライズが頻繁に。
ただこの日は気圧の変化か突風混じりの風でキャストもままなら無い。 うまくフライを落とせてもその後のライン操作が上手く出来ずにまったく無反応。 O氏は用事があり昼に帰宅、その後狙い続けるが状況は変わらず。

そんな頃タルさんもご出勤。 とりあえずタルさんと交代して昼飯をカッ食らう。
その後二人で攻め続けるがまったく無反応。 時折突風で腰まで浸かった状態でもバランスを崩しそうな状況。 タルさんは上流に移動、私はその後撤収し帰り道で各ポイントを視察。

とある場所で今度はクリフさんと。 たまにライズすると言うことでしばらく様子を見させてもらうが、やはりここも風は強く翌日勝負と言うことでお先に失礼することにした。

そして翌日、朝から五月晴れ なんでよ曇りじゃないのかよ。
まあ天気予報に文句を言っても予報だからな~とのんびり出動。 本命場所まで各ポイントを覗いて行くが何処も異常なし。 もちろん本命ポイントも異常無しでそれより上流も偵察したが、前日より天気が良すぎるせいもありまったくの状況。

もう一度本命ポイントに戻り様子を見ているとライズ発見!! 慌てて準備を済ませ立ち込み開始。 10分ほど待てば同じ場所でライズが・・ 1回、2回、3回。 よっしゃ~とラインを出しライズレーンに投入。 来るぞ、来るぞ・・出た~~~ で合わせを入れるがなんとすっぽ抜け(トホホ) で、それが原因かパタッとライズもなくなってしまった。

1時間ほど経った頃再びライズが、しかし先ほどのライズと比べると妙に波紋が小さい。
ひょっとしてと思いはしたがとりあえず正体を調べるべくキャスト、1投で仕留めたがやはりウ~様。 もう一つのライズも・・・ やはりウ~様。 これだけ天気が良過ぎるから、このポイントでもウ~様の天下か~~ と思った時1時間前と同じライズ波紋が。 2~3分待つがライズは起きない。 ならば一度流してみるか・・

下流からの風で少し上流側にフライが流される、レーンには落ちているからフライを動かさないようにラインとリーダーを上流側にメンディング、そしてフライがライズのあった場所にさしかかると・・ 出ました!! 今度は乗った!! と同時に光輝く魚体を確認、するとローリング。 これは間違い無しにシラメの引き。 下流に走る魚に合わせこちらも下流に、シラメはローリングする時にフックオフすることが多いためロッドは水面ギリギリまで寝かせ・・ 慎重に慎重に・・よっしゃランディング成功!!
c0090530_1941268.jpg
長良川のこの時期のシラメは一度下ってそしてまた登ってくる。 それを「モドリ」と呼びこの季節のメインのターゲットとなっているが、その魚体は鏡のように光り輝きそれは見事なもの(初体験)。 背びれのつまぐろ、目の周りの黒点アイシャドー 25~6cmと小降りではあるが釣り人生初の戻りシラメに時間を忘れじっくり見入ってしまった。

気持ちも落ち着いた頃ストマック(TOP画像)すれば、何でもござれ状況。
c0090530_19182593.jpg
出したのはこの#18フタバパターン(露出オーバーのためかボディはシルバーの見えますが実物はイエロー)、とりあえず内容物にも混じっていたからマッチしたと言うことで・・

その後はライズも起きる気もしなくなり、帰り道他の場所の状況を確認しながら帰路に着いた。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-04-20 19:28 | FlyFishing