ギフの山猿「フライ日記」

長良川修業 その四 (激動の一日)

c0090530_2032393.jpg桜も間もなく満開となる3月最終土曜日、R156を北上すれば車の外気温は0℃を指す。 もちろん修業道場の長良川近辺では桜もつぼみを膨らませている程度。 そんなかな現地に到着すれば一番乗り、早々に着替えライズの状態を確認。 前日からやや冷え込んだせいか静まりかえった水面。 川の全貌を見渡すと下流域にライズらしき波紋を発見。 とことこ歩くこと5分、橋下にライズを確認。 まずはのんびりとガイドにラインを通しフライをセットしスタンバイ完了。 タバコに火をつけじっくり観察すれば確実に定位してのライズがある。 中央の橋げた付近に立てば何とか狙える距離、まずはウェーディングし橋げた化けの術。 腰の辺りまで水に浸かり凍えながら待つこと5分ほどでまたライズが・・・  今日は5年ぶりくらいに使用するWINSTON IM6#3を使用、楽に届くだあろう距離がなかなか思うように届かない。 今日はロッド選択ミスかと思っているとライズが段々近づいてくる。 「よっしゃ~ 射程距離圏内」 慎重にライズ上流にプレゼンテーション、一度大きくメンディングを入れレーン上にフライを置き・・・ 「出た!!」・・・が乗らない。 3投ほど同じ筋を流すがまったく反応も、おまけにライズもなくなった。 ふと後ろを振り向けばラッキーなことにライズが、まず下流側の奴から まったく反応しないならば上流側の奴に。 ややアップクロス気味の位置だが波だった流れの中 何とか行けるだろうと2回程のフォルスでフライを置きにゆく瞬間 「ギシャギシャ」と異音が。 橋げた化けしていて橋げたに近づき過ぎていた為ロッドティプが橋げたを摺った音。 フライ着水後メンディングを入れると違和感が・・・ ロッドを立てると何か重みを感じる。 「うぇ~~~~~ ティプが折れた~~」
c0090530_2174739.jpg
このままでは釣が出来るわけもないので車に戻りロッド交換。 その頃達人のお二方も到着、そして上流側でもライズが始まった。
c0090530_21161346.jpg
 早々パパさんがあまごをゲット、3人並んでのライズ取り。 達人達は掛ける掛ける、で私は切る切る ついでに腹まで浸かった状態で底石に足を取られ転倒しかけたが難なく転倒は回避、しかし脇から冷たい水がウエーダーの中に浸入。 脇から背中そして尻、最後に右足に冷たさが。 ブーツの中で「プッチャプッチャ」音がするほど水が滲入している。 もうそれからは寒さとの戦いとなったわけね。 
c0090530_2124219.jpg
そうこうする間にもう昼、Rollyさんとなかぢも用事を済ませ到着。 Rollyさんとは1ヶ月ぶりくらいに会うわけで岸に上がり話をしようとするとライズが、そしてまた上がろうとするとライズが・・  下流側からの風でフライが上流側に流される。 ロッドを立てラインを寄せフライを下流側にセットしものの2秒ほど流した時、フライが波紋も無しにスッと消えた。 「うん」と思いながらもロッドを押しラインを引きあわせを入れるとロッドに伝わる小刻みな振動。 「よっしゃ~」 ハヤではないような引き、でもハヤか? ロッドを寝かせラインを手繰りネットインすれば、放流ものではあるが待望のつま黒。 いやもうたまらんほど嬉しくなり、Rollyさんに二コパチまで撮ってもらった。
c0090530_21432575.jpg
その後は気分良くライズに対面、しかしハヤ君で風も強くなり濡れた身体ではここらが限界と先に帰宅した。 明日は半日だけ来るつもり、だから家に帰って布団乾燥機でウエーダーの中を乾かし翌日に備えた。

長良川修業 その四:あわせは押して引くべし
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-03-29 21:51 | FlyFishing