ギフの山猿「フライ日記」

春一番!!(信州下伊那の旅)

c0090530_1865485.jpg”♪春一番が~~解禁したての下伊那の川に~~~♪”  

先週は関東方面の友人達が長良川に、そして今週は軍団の第二の故郷 飯田の兄貴(毛鉤人さん)のところに軍団で押し掛け解禁2週目の下伊那の川で釣を楽しんで来ました。

1日目は雪が降るとの天気予報で空は鉛色、ドピーカンよりは絶対に良くおまけに雪まで降ってくれればあまご達は川で乱舞を始めるから、これは!!の期待を抱き信州飯田に。
期待通りの空模様ではあったのだが、それにプラスされたのは台風なみの風。  長良川も風が吹けばその合間をみてライズが始まり、波だった水面はティペットの存在も打ち消してくれ好条件となるのだが、さすがにあそこまで吹いてくれると釣には大敵となる。 時折雪も混じり冷える身体に集中力もどちらやに飛んで行き、川原に駆けつけてくれたらぁ~姉のホッとコーヒーが身も心も温めてくれた。

さすがにそんな中でも軍団若頭(Rollyさん)は集中力も途切れず、入渓ポイントより2~3k地点まで釣り上がりこの川唯一の魚を見つけ出している。 昼からの釣開始で夕方には地元のみつまる氏と米が仕事を終え合流することになっていたので、翌日の有力ポイントとし4時半頃には納竿とし温泉へ。  

飯田は沸かし温泉が多い中唯一源泉の「天空の城」に向かい、冷え切った身体を芯から温めなおし夜の部のために体調を整えた。 温泉の後は「やわらかとんかつ屋」でらぁ~姉・米と待ち合わせをしサクサクやわやわのとんかつに全員無言でほうばる始末。 腹が膨れ余裕が出てきてから、いつもの調子であ~でもないこ~でもないの会話で盛り上がる。
c0090530_1843330.jpg
その後仕事を終えたみつまる氏からの電話、らぁ~姉とはここでお別れし2次会会場の兄貴の家へと向かう。
c0090530_18453123.jpg
我々が里帰りする楽しみの一番、信州名物の「馬刺し」をつまみにグイッと一杯やるのが定番。酒が進めば会話も進む、そしてタイイングセッションやギターセッションでアッと言う間に午前様。 
c0090530_1943449.jpg
翌日の天気は晴れ冷え込んだ飯田の地を温めてくれることを期待し床に着いた。

翌日は快晴、風も前日に比べれば釣になりそうな感じで前日のポイントに・・
ところが川に入った途端前日以上の風が、1時間ほどで切り上げて早めの昼飯をとり昼からの釣開始。 12時を回った頃から風もおさまった感じで、サイトフィッシング。   流石に魚達は我々のフライには無反応状態。  そんな中でも軍団若頭が1本取り2日間の下伊那の旅の終了となった。
c0090530_1858520.jpg
ここ2~3年われわれと同じ時間を過ごしてくれる仲間たちも増え定番となりつつある各地の旅。今年から始まった長良川の旅から始まり、下伊那の旅→桂の旅→渡良瀬の旅→石徹白の旅→群馬の旅そして今年は伊豆の旅や白馬の旅を何処かに組み込まなければならない。

さ~今年も頑張って芯から心が温まる時間を、真の友達達と一緒に過ごして行かねばと思った下伊那の旅となりました。 
[PR]
by gifu-yamazaru | 2008-02-24 19:15 | FlyFishing