ギフの山猿「フライ日記」

こちらも恒例!! 鴨鍋パーティー&石徹白峠川清掃会

今年もオフに入っての恒例行事第2弾・第3弾の、鴨鍋パーティーと峠川の清掃会に行って来ました。 この二つの行事はメンバーが違い、毎年続き週くらいであったのだが今年は土日二日間で済ませることが出来ました。
c0090530_18404566.jpg
まずは土曜日の鴨鍋パーティー

c0090530_18422976.jpg
とりあえず「くろや」で釣をして・・
c0090530_18435917.jpg
らぁ~ねぇ~のロッドがおもいっきり曲がってますぞ。
c0090530_18455859.jpg
このお方、フェルール職人。 彼の餃子は天下一品!!

c0090530_18475652.jpg釣を終えたら温泉に入り今日一日の疲れを取る。 そして荘川にある「石松」で鴨鍋をつつきながら美味い酒とくだらん話で盛り上がるわけです。 2次会は「猿丸」で歌って歌って踊りまくる。 外は冬の気候なのに、この店内は熱気ムンムン。

翌日になった頃、お開きでそれぞれの車で爆睡状態となった。
寒くなると、温泉・鍋は最高になるのだけど車中泊の寝袋もこの時期は最高に気持ちいい訳で朝まで一度も起きることなく快眠状態で朝となった。

c0090530_2001767.jpg
そして峠川清掃会の日。 (手前から、なにわナンバー・岐阜ナンバー・名古屋ナンバーのD:5軍団)

c0090530_20114100.jpg寝袋から出て着替えを始めるのだが妙に寒い。 まずは背中を丸めながらトイレで用をたしふと道の駅のデッカナ気温計に目をやれば、な・な・なんと2℃~~~ そりゃ寒いはずだ~ と車に戻れば、フェルール職人さんが「車、凍ってるで~」 これまた寒さが増してフリースに袖を通す。 この日の昼頃に狩野川アッちゃんからメールが来て、あちらは半そで半ズボンだそうだが日本列島の大きさを実感した日でもあった。

嫌ではあったが、この二日間一緒に過ごさなければならないハリキ~(フェルール職人)と鴨鍋メンバーに別れを告げ一路石徹白に・・
一番近くに居た我々が9時集合ギリギリ到着。 
石徹白漁協組合長から開会の挨拶があり、その後川を区切り3組に別れ掃除開始。
c0090530_20222751.jpg
朝寒かったせいでしっかり着込んで掃除に入ったもので、もうウエーダーの中はムンムン状態。 シーズンも終了し釣人もこなくなった川では、安心しきった魚達がいたるところで優々とデートをしている。 川底にはその証である産卵床も数多く見られ、極力川には入らずゴミを拾いながら川を上がる。
c0090530_20272315.jpg
今年はシーズン前に重油流出事故があり釣人は少ないだろうと思っていたが、昨年以上に釣人が増えゴミも多くあるのではと思っていたがなかなかゴミも見つからず、昨年以下のゴミの量で分別もアッと言う間に終了した。
c0090530_20305364.jpg
そして一仕事の後にはみんなで肉をつつき合う。 みなさんビールも飲まず黙々と食べておられました。

こうしてオフの恒例行事第3弾まで終了となり、後は「ジャニ天」(ほんとは湯原釣行もあるのですが・・)を迎えるのみとなった。
この二日日間で何人の仲間と話したことか。 今年も素晴らしき仲間達とこうして過ごせて来れたこと、ほんとに「幸せっ」て感じた二日間でした。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-10-21 20:44 | FlyFishing