ギフの山猿「フライ日記」

神流川C&Rフォーラムが、急遽石徹白C&Rフォーラムに・・

c0090530_18223361.jpgこの土日は、群馬県の上野村で行われる「神流川C&Rフォーラム」に参加する予定であった。 1年前から楽しみにしてたのだが、丁度1週間くらい前に台風が発生。 なんとか台風だけは・・と思っていたのだが、開催日に近づくにつれ台風の進路が関東圏の方に向き始めてきた。 週中頃の台風の進路予報では開催日当日が関東地方に最も接近、何とかそれてくれと祈り続け前日には通過する様子。 雨でおそらく釣りは出来ないだろうが、久々に仲間に会えるからとにかく楽しもうと前日には行くばかりの気持ちでいたのだが、前日の昼間にRollyさんから「中止」のメールをもらい仕事も手に付かないほど落胆。 が、このままこの二日を終わらせる連中ではないから何かあるのでは
c0090530_18373374.jpg
と思っていた矢先、Rollyさんからの電話。 「関東方面から6名、関西方面から1名 石徹白におみえになるそうですがどうされます?」 もちろん二つ返事で行くことに。c0090530_18454231.jpg本来なら我々が徹夜で走り続け群馬に入る予定であったが、関東&関西の方々が徹夜で走り続け石徹白に入るとのこと。 わたしもそれに合わせ4時起床で準備をし「君のためのア~ルト~」をかっ飛ばし石徹白には7時頃に到着。 その頃にはもうみなさん釣スタンバイの状態で、わたしも早々に準備をしRollyさんとなかぢそして私の3人で遠路はるばるおこしになったみなさんをガイドすることになった。 下流、中流、上流の3組に別れいざ出陣。 私はゴリ松の旦那とガッキーさんの3人で中流域の夫婦岩からスタート。c0090530_1856678.jpg5時半から釣しているgonzaさんとも合流し4人で釣りあがる。 ゴリの旦那は夫婦岩プールで突き刺さり、それを尻目にどんどん釣りあがる。 ガッキーさんが何とかイワナをゲット、ゴリの旦那やgonzaさんはガイドする必要がないので私のお役目はこれで終了で後は自分も何とか1本を・・ 場所は銀座プールに移動いつも必ず魚が付いている場所にフライを投入、1発で反応は出たが出方が警戒心丸出し。 しつこく攻めるともう1本同じような出方でかけることが出来ない。 それからフライをとっかえひっかえで、結局#20番サイズで吸い込むような出方で1本をゲット。 その後もこのサイズで遊ぶことが出来た。 ゴリの旦那にも聞くと、やはり同じサイズが一番良かったようでなんと渋い日だな~と昼食に駐車場まで戻と・・
c0090530_19473179.jpg
下流域は似たような感じだったが、上流域は#10サイズでボコボコ。 それを聞いたからには昼からは上流域に行かねばならん。  が、しかしそのサイズにはまったく反応が無い、と言うよりも上を向いていないような感じ。 ガッキーさんが魚を見つけ、ドライには身動きしないが沈めると反応すると。 ガッキーさん→米→山猿と変わり何とかフッキングするものの凄いパワーで3秒後には「プッン」と。 その後その魚の推定サイズは、どんどん話が大きくなり「尺x10」までになった。
そして待望のイブ、gonzaさんと銀座に陣取りさ~~これからじゃと言う時に雨が降り出し一日目の釣りは終了となった。 夜の計画は満天の湯で温泉に浸かり、だるまやで晩飯そしてその日の宿の民宿「ささき」で2次会と・・ 露天風呂で仲間11人で裸の会話、そしてgodzillaさんとシャックマンさんにだるまやを陣取ってもらうはずであったがかなりの混みようであえなく隣の焼肉屋で晩飯を食らい宿に戻った。 それからはもう覚えてないほど語り合った。 もちろん神流のイベントで準備を進められた方々への感謝のことや、一日も早い上野村近辺の復旧への祈りなども含め翌日まで。 そして徐々に床に着いてゆき、翌日7時起床。 朝飯を宿で、そして半日のみの釣りにそれぞれ出かけた。 前日と同じメンバーの我々には、水面&水中ともに異状なしで終了。 12人も同時に釣すれば何かはあるだろう、と言うことで下流域でアッちゃんがパッツンパツンのあまごをゲット、その後昼食を取り話も尽きない所に区切りをいれそれぞれ帰路に着いた。 

急遽石徹白で集まることになって神流の件で落ち込んだ気持ちのみなさん、場所は変わりましたがとにかく楽しい時間を過ごせたことが何よりの2日間だったな~と思っています。
ほんとにありがとうございました。 そして遠路はるばる、お疲れ様でした。
またどこかでお会いしましょう!!


c0090530_20281787.jpgそしてお約束の「Newウェーディングシューズ」の報告レポ
これはとにかく私にはピッたしのシューズでした。 履き心地は家で履いた時と、川に立って濡れた状態の時もまったく変わりはありません。 アングラーズハウスのものはこのシューズよりもややきつめであったのですが、靴の中で足がやや動く感があったのですがこちらはまったくそれは感じない。 靴底のせいなのか内底のせいなのかはわかりませんが・・   川でのグリップ力は、まったく問題なし。  ベルト1本で締め付けるのですが、強く締めすぎたせいで側足部分が痛くなったので緩め気味にしたらそれは解消しました。 でもって中で足が動くのもまったくなしです。 値段も安いですので、フェルトが減ったら張替え無しでまた新品に買い換えようかとも思っています。

とりあえず私の感想ですが、これが合わない方も見えるかと思いますので一応参考までとしておいて下さいね~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-09-09 20:53 | FlyFishing