ギフの山猿「フライ日記」

盆釣珍

c0090530_9233589.jpg超短めの盆休みのなか日に、飯田釣行の予定を入れた。 昨年も盆休みに飯田に釣に行き、釣も楽しいけどそれ以外も楽しく毎年の定番としようと今年も出かけたわけ。 アスファルトの熱気に毎日暑い名古屋近辺を離れ、軍団の第二の故郷のような飯田の街。 お盆の里帰り感覚でなかぢとyu-koとで行って来ました。(あとからRollyさんとハリキ~も・・)

こちらを9時頃出発、下道でぼちぼち走り飯田には11時過ぎに入る予定であったがR19が恵那あたりで渋滞に、もちろん中央道も渋滞の様子。 昼までに着きたい理由は、飯田にある「金万」の天丼が目的。 このままでは天丼にありつけないと、yu-koの昔走った事があると言う記憶ナビと車のナビで山の中を 岩村→上矢作→平谷を通り予定通りの時間に飯田に入った。 今夜お世話になる飯田の兄貴(毛鉤人さん)とらぁ~姉さんは我々が到着するまで阿智あたりで釣をすると言うことなので、到着間近に電話をしコンビニで待ち合わせとなった。

早々に挨拶を済ませ最初の目的である「金万」に・・ ここの天丼は県外の方も多く食事時はかなりの混むので予約を要れ予定時刻に到着。 注文の品は、海老・あなご上天丼。 なかぢとyu-koは初めてで出てきた天丼を見てびっくり、そして味にもびっくり。 しっかり腹ごしらえした後は夜の宴の買出し、そして天空の城で温泉に浸かり宴の準備と。
c0090530_10134116.jpg
風呂上りビールのために水分補給もせず さぁ乾杯!! Rollyさんも乾杯に間に合い宴の始まり。 大阪からのハリキ~も1時間ほど遅れで到着し、歌あり笑いありの夜は更けて行った。

c0090530_102228100.jpgそして二日目は源流域の釣。 兄貴の家から林道を走ること40分、そこは飯田の街とはまた違う空気が。 先行者ありの状況ではあるが6人で交代で釣りあがる。 ジリジリと太陽が照りつける中先行者ありなのかこの天候が悪いのか反応は渋い。 昨年来たときも同様の天気で、その時はしっかりとした流れの中から出るのが多かったが今回はどうも違う。 岩魚の川であるためここ一番の巻き返しでも出やしない。 ようやく反応が出たのは、日陰で餌釣の竿抜けポイント。 小さな落ち込みの巻き返しでふわ~~っと浮いてきた岩魚、捕食体制に入った瞬間ドラグが掛かりフッキング出来ず。 後一本出たのだがこちらもとほほ・・  午前中は兄貴とハリキ~のみの釣果でとりあえず木陰で昼飯を。 昼からも同様の状況でなんとか1本取る事は出来たがその後が続かない。
c0090530_1041029.jpg
暑さのせいで集中力もなくなってきた頃、峪は日もかげりこれからかなっと言う気配もあったがこちらの身体がもたないから川を上がることにした。 

c0090530_10522048.jpg山を降りた辺りで、飯田の兄貴とらぁ~姉さんに別れ告げ大阪ハリキ~と我々は中央道に。 途中恵那峡SAで食事を済ませる予定であったのだが、ニュースでもやっているように帰省ラッシュの大渋滞にはまった。 恵那峡SAでももちろん大渋滞、そんな中で4人で食事を済ませまたの再会を約束しハリキ~と別れそれぞれ帰路に着いた。  

お盆に釣をして珍話で笑う盆釣珍(ぼんちょうちん)、来年も恒例行事としてやりたいものですわ。 
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-08-15 11:07 | FlyFishing