ギフの山猿「フライ日記」

縦、それとも横 あなたはどっち?

パーマハックル縦巻きのスタンダードパターン、そしてハックルを横巻きに巻いたパラシュートパターン。 この2種類にフライは、フライフィッシングを始めた頃に必ず巻くパターンである。 がしかし、バランス良く巻くにはなかなか難しいもので未だに納得行くものが巻けないのが私の現実です。

だから普段はほとんど巻かない、それだからなおいっそう上手くならないのもあたりまえのことですが、何がと言うとハックルの処理(巻き)が上手く行かないのですよね~
ハックルのグレードや種類なんかでもかなり違うであろうけど、なんせ安物マテリアルばかりを買いあさる私はどうしてもそれで仕上げなきゃいけないわけで・・

c0090530_20594714.jpg
スタンダードパターン、と言ってもごく一般のスタンダードパターンとはちょっと違いますがパーマハックルがフォルスキャスト時に風を受け回転するのを(v字カットなんかも有効な手段ですが)嫌い2回転しか巻き止めずにフィニッシュ。 今はフロータントの性能も上がりこれでも十分な浮力を出せるのですがそれを補うためにCDCを巻き止めたもの。 前側のCDCを極力長めに残し帆掛け舟のように流れるメイフライを模した。

c0090530_2115133.jpg
パラシュートパターン、こちらは何がいやかと言うとハックルを最後巻き止めるとき下側にたれてしまい言うことを聞かない不届きなファイバーが1~2本おるということ。 スレッドで丁寧にポスト根元を巻き込めば解決するのだが・・   これはC&Fから発売されているポストを引っ張りテンションを掛けた状態で巻けるツールを使っていますが、このツールを使うことでポストの根元をスレッドで巻き固める下処理をしなくても巻けるのが特徴かな。 だからハックルを巻き止めつけ根をスレッドで巻き込むことで芯がないからハックルが上方向に処理されると言うわけです。

インジケーター以外のマテリアルはまったく同じ、さてあなたはどっち?
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-08-11 21:37 | FlyFishing