ギフの山猿「フライ日記」

クイップル

島崎さん考案のクイップルパターン、本来はアイ側にストレートに延びたインジケーターと水面に垂直にぶら下がるスタイルなのだが・・
c0090530_19545142.jpg
これは加藤毛ばり店オーナーカチョ毛が、北海道のモンカゲの釣で活躍したと言うパタンーンをアレンジして巻いてみた。 彼はクイップルダンと言っていたので、タイトルもクイップルとしてみたが。

巻き方はボディを作りインジケーターを取り付け、その上にハックルを巻き込むから島崎さんのクイップルダンと同じ。 違う所はインジケーターを取り付ける際、後方に伸ばした状態で取り付け後はアイ側のインジケーターを後方に伸ばしたものに対して90度起こす。 

島崎さんの場合は、ストレートシャンクであるがカーブシャンクを使い後方に伸ばしたインジケータでやや斜めにぶら下がり「いかにも」を演出する。 すれた状態ではケツがやや沈み状態が滅茶苦茶反応が良いときがあるからね~
c0090530_2017958.jpg
カチョ毛の場合インジケーターをCDCで取り付けていたが、フラットな水なら大丈夫だろうが渓流となると浮力と視認性が・・  そこでインジケーターをラムズウールにそしてADWも追加した。

とりあえず洗面所の浮力テストはクリア、後は川でのテストをクリアすれば量産体制にはいります。

※ちなみに、これがNewバイスで巻い1号・2号です。 
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-07-08 20:32 | FlyFishing