ギフの山猿「フライ日記」

春の新作 コンパラダン

昨年の最終釣行、とにかく激シブで何を結んでも反応が無かった中、フライボックス内いでイミテーション化していたコンパラダンを結んだ。 ライズも魚の気配も無いプールに・・ すると綺麗なあまごが一投で、それ以来コンパラダンの魅力に取り付かれ試行錯誤の末春の新作が完成した。
c0090530_22174237.jpg
コンパラダンをあまり使わなかった理由は、フロータントをしっかり付けても数投でケツが沈みピューパ状態になる。 それを解消するためエアロドライウイングでテイルを付けていたのだがいまいちリアル感にかける。 で、今年の新作は・・ テイルはコックデレオンを取り付けその根元にロール状にボディ色と同じエアロドライウイングを取りつけた。 下側から見てもエアロドライウイングはロール状に取り付けてあるため違和感が無い。 とりあえず洗面所の浮力テストはクリア。 後は川の流れの中での検証をするのみ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-03-14 22:30 | FlyFishing