ギフの山猿「フライ日記」

2007長良川戦略 

間もなく解禁、私は長良川からスタートするわけだが今年は少し戦略を考えた。

その一がこのミッジc0090530_21251850.jpg
歳とともに目が悪くなり#20以下は最近ほとんど使わない。 #20以下が必要な渋い時はもうあきらめて・・ と言うことでこれも#20のフックに巻いたもの(#22でピューパも巻いたけど)。 CDCはナチュラルカラーを使うためとにかく高く浮かねば爺の目には見えないから、スレッドで下巻きしCDCを2枚スレッドに寄り付け、シャンクからアイ側に巻き進んで後はボディをシザースで形成しハイ終わりの簡単フライ。 ボディがCDCで出来ているため、とにかくしっかり浮く今年の新作!!

そしてその二がこのシューティングシステムc0090530_2141177.jpg
解禁の長良川では5番ロッドを使用するのだが、そのフローティングラインがもう5~6年使っていてボロボロ。 今年は買い替えも考えたのだが先立つものが無くて、今まで使っていたラインを12.5mでカットしてシューティングラインに接続。 そりゃもうフィーリングが良くてボロボロのラインではどんなに頑張っても20mくらいしか飛ばなかったのが、息を吹き返したかのように30mは飛んで行く。 まあそんなに遠くのライズは狙わないのだけど、20m付近は楽々投げれるのが魅力。 長良川ではまず風との戦いになりますからね。 で、接続部分を瞬間接着剤で補強しラインを出したまま外に乾していたら・・ ぎゃび~~ん、私の愛犬がじゃれてラインを噛んでもう手が付けられないほどボロボロになってしまった。 先立つものもないし、さ~て困ったぞ。 そう言えば4年ほど前にFFFで1800円で買ったラインが・・ でも#7ライン。 本来ヘッドシステムは一番手上げるから短くすれば2番手上げても行けるかも。 と言うことでラインを通しフォルスキャストでベストな長さを調べ、結局#5ラインと同じ12.5mとなった。 少しオーバーウエイトのように思えるが強く振るとテーリングを起こしキャスト時の力み強制にもなり今年はこれでやってみることにした。

さてさて解禁まで後10日、この戦略がいかなることになるのやら楽しみです。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2007-01-20 22:06 | FlyFishing