ギフの山猿「フライ日記」

急遽トラキン協賛釣大会。

c0090530_2210871.jpgシーズンも終わりぼちぼち過ごそうかと思う矢先、飯田の酒井氏のblogの書き込みで平谷湖で釣することになった・・・  参加メンバーは、飯田の酒井氏とみわちゃん、そしてカラサキ夫妻とRollyさん、少し遅れて土井夫妻と私の8人。  今回は3連休で間違い無しに混みあうだろうと言う事でOPEN時間の30分前の6時半現地集合となった。 5時に家を出た私は思いのほか早く着き、他のメンバーを待つことになる。 遅れること10分ほどで飯田組は到着、受付はまだではあったが門が開いたのでとりあえず3人で場所取り。 その後直ぐに受付を済ませ早々に釣り始める。 くずれ台風の影響で今日も風はかなり強く桟橋から風下側にキャストとなる厳しい釣となった。 カラサキ夫妻、Rollyさんも30分ほど遅れて到着するがその頃にはもう満員御礼状態、なんとか詰めて皆でワイワイガヤガヤの釣が始まった。
c0090530_22304840.jpg
それぞれの得意スタイルの釣となるが、ここ平谷湖ではとにかく釣れるから皆が楽しむことが出来るわけ。c0090530_22375099.jpgおやつを食べながほんとくだらないことで笑いながらの釣りは、まったく楽しいもの。 オフの釣りはこれが良いのですよね~ とりあえずそれぞれのスタイルを簡単に説明しておきますと、飯田の酒井氏はサイトフィッシング、食い気のありそうな魚を見つけその鼻先に”いかさし”フライをねじ込むスタイル、カラサキ氏と私はタイプⅡで沈めて誘う、Rollyさんは流れ込みにミッジまで叩き込む釣。 みわちゃんとカラサキケイコちゃんは、ドライ・ルースニングと自らの口に何かをねじ込む釣。 とにかくどれも釣れており、これはっと言うお奨めスタイルは無い。 何でも釣れると言うのがここ平谷湖の魅力でしょう。  しばらく遅れて、トラキンの青木さんさんから景品を預かって来られたカキウチさんとカワサキさんが到着。 そこから急遽釣大会となった。 数釣ではカウントが出来なくなるからサイズでの勝負。
c0090530_22592977.jpg
昼過ぎに土井夫妻も到着し、大物狙いの釣となったがc0090530_2314430.jpg昼前に釣り上げたカラサキ氏の58cmが結局抜かれることなく終了となった。 釣終了後、駐車場で優勝商品授与式、そして一日件にはひまわりの湯の入浴件もついているので温泉にゆっくり浸かり食事後解散となった。 今回は現地で、久しぶりに稲さん浅さんにもお会い出来非常に疲れはしたがオフ最初の釣りは楽しいものとなりました。 みなさん、ありがとうございました。
PS:飯田ではどうも正座釣方ならぬものが主流のようで、みごと飯田組のツーショットの撮影に成功しました!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2006-10-08 23:19 | FlyFishing