ギフの山猿「フライ日記」

キャンプDE盆釣

c0090530_15452145.jpg

毎年のように盆を過ぎる頃から昼間の釣りは厳しくなる。
こんな時は涼しい源流域の叩き釣りに限るが、馬鹿の一つ覚えのように杭になってしまうのは何故でしょうね。

今年もお盆休みに入り昨年同様 Mちゃんおかんのキャンプに便乗しての二日間の釣り。

Mちゃんと二人で釣りするとなると



この場所
c0090530_1556116.jpg

夜明けとともにライズ待ち。

この場所は水位の変動で流れがある時にライズが起きる。
朝一は流れがほとんど無く単発なライズがあるのみ。
結局昼少し前に流れが出来
c0090530_15585693.jpg

お互い1匹づつ取り込んだのみで昼食に。

場所移動でもう一つのライズポイントに期待するも、そこも同じく流れが無くライズは皆無。
c0090530_1625498.jpg

足腰の悪い二人であるが叩き釣りをちょいと。
ここも同じく1匹づつイワナを釣り上げ初日は終了。

温泉に入り、おかんの美味しい手料理で楽しい時間はあっという間に・・


翌日も夜明けとともにライズポイントに。
正直前日よりも厳しい状況でライズは超単発。
上流・下流はたまた対岸と場所を変えるがなかなか安定したライズが始まらない。
知らぬ間にMちゃんは河原ですやすやと。

10時過ぎにようやく安定したライズを見つけ
c0090530_1612252.jpg

なんとか1本を・・

とにかく流れが無いものだからなかなかフライを咥えてくれない。
c0090530_16145162.jpg

もう1本追加する頃には昼となり昼食をカップラーメンで済ませる。


が、その後はお互い集中力も途切れMちゃんはキャンプ場にそして私は帰路に着いた。


来週からの釣りは結構厳しい状況になるだろうが毎年この時期はそうだから、それに暑いですからぼちぼちやって行きますわ。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-08-14 16:23 | FlyFishing