ギフの山猿「フライ日記」

木曽へ

長かったようで短かった長良川のシーズンも終え、いよいよ木曽へ。

梅雨の晴れ間となったこの週末、週中の雨がどれだけの影響を残してるかが心配ではあったが長良川で毎週のように会っていたMORI君といざ出発!!

この二人がそろえば狙いはライズゲーム、しかし19号から見える木曽川は増水と白濁で第一候補の木曽川本流は諦め支流へ。
c0090530_21163565.jpg

朝の光を浴びマイナスイオンたっぷりの気持ちの良い景観ではあるが、増水と水温9℃ではいまいち反応が悪い。
MORI君がフィンガーサイズのタナビラを上げた所でこの場所は撤収し、第二候補であるライズポイントに。

そこにはHARAさんがすでにスタンバっていたが、ライズはまったく無いとのことで開田に
c0090530_212451.jpg

まずは 花猿亭 で情報収集。
割とあちこちで釣れているようだがやはり少し水が高いため行って見なきゃ分からない状況。

この時期にライズがよくあるポイントに行くが、渓相が変わってしまいプールが無い。
とりあえずはブラインドで叩き上がる。

早々にヒットするも超久しぶりのブラインドの釣りで、バラス・バラス・乗せれないが連発。
c0090530_21314447.jpg

増水でポイントも絞られ歩くのも一苦労のなかようやくランディング。
この川で育った尾鰭の大きい岩魚、そう今年初の岩魚。

しかしその後はパタッと反応も無くなり車に戻って昼食を。
そこには terryさん も来ていて久々の会話・・

その後川を変え、terryさんは上流へ我々は下流へと別れ再び叩き釣り。
しかし、太ももに乳酸を貯めるだけでまったく反応が無い。
夕刻間近、第三候補のライズポイントへ・・
単発ではあるが今日初めてのライズ、うんもすんも言わずライズに対峙。
c0090530_21513976.jpg

長良川で活躍したフタバスペントをガッツリ咥えてくれた。 そうこちらも今季初タナビラ!!

その後風も強まりイブもせずに帰路に着いた。


帰りの車の中での反省会、久々の叩き釣りかなり感覚が鈍ってますな それからとにかく疲れた~~~
次はライズゲームが出来ますよ~~~に~~~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-06-04 22:02 | FlyFishing