ギフの山猿「フライ日記」

長良川〆釣行

長良川もオオクマそしてモンカゲが水面を騒がせればもう鮎の川となる。
今年は季節の進みが2週間ほど遅れてる感じであったが、結局帳尻を合わせるかのように良い時期は短く間もなく鮎の解禁を迎える。
お世話になった長良川に最後の挨拶をと、Mちゃん とこの日曜日に出掛けた。

最終を飾るには曇天で天候は最高。
ポイントに着けばやはりライズはある、もちろん対象魚では無いライズは多いが確実に本命であるライズも混じる。
早々に準備を済ませ川に立ち本命ライズを待ち構えるが・・・
そんな頃から雨風が吹き始めライズも無くなってしまった。
しばらく待つがライズは起きる気配が無いため場所移動。
そこは短発ではあるがライズがある。

なんとか
c0090530_14414871.jpg

この子をゲット、と同時くらいにバケツをひっくり返したかのような雨が。
Mちゃんと大きな木の下で雨宿りをし雨が収まった頃川を見れば、本命丸出しのライズがあちこちで。
しめた~~~
で、川に降り立ちすかさずキャストするがいまひとつライズが続かない。
そうこうする間に結局ライズも無くなり気付けば川は濁りが入って来てる。
二人で溜息をつきながら、この子が今シーズン最後の1匹として納竿となった。
肩を落としながら昼飯を食い、今年お世話になった長良川に感謝の気持ちを流しそれぞれ帰路に付いた。

そして
c0090530_14522460.jpg

ひらひらKADDIS入魂も、今年の長良川最後の1匹しかも天然物で〆ることが出来た。
(でも、ちょっと小さ過ぎましたね  しましゃ~~ん

そして、そして
c0090530_1455381.jpg

今年の長良川の解禁を一緒に迎えた今は亡き親友、その彼が巻いた毛鉤を長良川に流し彼の永遠の眠りにMちゃんと二人で合掌。

2011年の長良川は彼と迎え、そして彼と終えることが出来思い出深いシーズンとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-05-22 15:07 | FlyFishing