ギフの山猿「フライ日記」

モンカゲに惨敗

週中の梅雨末期を思わせるかの雨で、長良川の水位は2倍はおろか3倍もはるかに超える状態。
今週末は絶対に釣りは無理だろうと諦めていたが思った以上に水の引きが早く、日曜日の朝で平水時の20~30cm高。
一か八かで・・

水の色はほとんどクリア、大水の後で底石も綺麗に洗われ先週まで通っていた場所とは様相が違う。
逆に石裏の川虫も流されハッチは期待できないだろうと思ったが、朝からモンカゲが飛び交う。
オオクマの乱舞の時のようにコカゲ系の小さな虫が流れればボコボコライズも起きるだろうが、まったくと言って小さな虫の流下は無い。
となるとやはり・・・ ライズはまったく無い。

さすがに今日は待つこともなく諦めモードで場所を転々と。
そして4場所目で100mほど先にスプラッシュライズを発見。
どうせ単発だろうと期待もせず弁当を片手にその場所に・・・
「腹が減っては戦は出来ぬ」と河原に腰掛け飯を食いかければ、あちこちでスプラッシュライズが。
大慌てで飯を食い水面を良く見れば、捕食対象物は
c0090530_203143.jpg

そう、モンカゲ。

こいつを食っているライズはダラダラと長続きはせず短期決戦と気持ちは焦るばかり。
そして焦る気持ちに追い打ちを掛けるかのように下流からの強風、狙いは定まらずライントラブルは起きるわで頭から湯気が出るばかり。
なんとかフライに反応させるもすっぽ抜け、ますます頭はチンチンになるがライズはどんどん減って行く。
ものの30分、ついにライズは消沈し強風で波立つ水面だけとなった。

風が止むのを期待し河原でお昼寝、目覚めても一向に風は止まずライズが起きる気配も無いため2時頃には納竿とした。


今日は週中に シマネッツさん から届いた「ひらひらCADDIS」の入魂とは行かず
c0090530_20251962.jpg

次回にお預けとなりました。

う~~~ 悔し~~~~~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-05-15 20:31 | FlyFishing