ギフの山猿「フライ日記」

喜び

2月の解禁以降毎週のように日帰りで大阪から長良川に通っていたマコちゃん。
正直一番厳しい状況下で誰一人釣り上げてなく長良川ってつまらないな~の印象であったのか、その後約1カ月パタッと長良川通いが途切れた。

そんな彼が久々に長良川に来ると、ならばお付き合いしてなんとか1匹を上げてもらわねば・・
選んだ場所は桜が満開の郡上、前日に雨が降る天気予報で先週同様また増水かと思ったのだけで、雨の量も少なくなんとか行けそう。

待ち合わせ場所にはすでに・・
で状況を聞けばライズしてるとのこと、ならば直ぐに川に立たねばと準備を済ませ早々に。

本日の天気予報は晴れ、雨後の晴れ間は強風となるのは覚悟だが強風に運ばれた雲が光を遮り肌寒い。
が、しかし 功を奏したのか光が遮断されると波立った水面には水しぶきがあちこちで。

MORI君も加わり、三人で黙々と投げ続ける。
「風が強い日はスペント」のセオリー通り
c0090530_19455.jpg

この子はフタバスペントでいとも簡単に出てくれた。

が、その後はまったくスペントパターンには反応しない。
ライズホームは変わらないが見ずらい水面に目をこらせば、帆掛け状態の茶系のダンを選んで食っているもよう。
何パターンもフライを変えたが「風にたなびくヒラヒラウイングダン」に変えたら一発で
c0090530_19115244.jpg

この子が出てくれた。

すぐさまマコちゃんに「茶系ダン」と告げしばらくすると
c0090530_19141195.jpg

この笑顔の出来事が・・
彼はもちろんだがこちらも喜びで満ち溢れましたがな。

その後も何度となく出てはくれたのだけど
c0090530_1918121.jpg

この子を追加出来たのみの不甲斐ない結果に。

そしてその後は強風で雲は吹き飛ばされド・ピーカン、激しく波立った水面のみとなり終了とした。


2年越しで長良川初釣果、おめでと~~~ マコちゃん。
また遊びに来てねぇ~~~

そしてもう一人、2年越しでまだ初物を上げていないmori君に次こそは釣ってもらわねば!!
[PR]
by gifu-yamazaru | 2011-04-16 19:30 | FlyFishing