ギフの山猿「フライ日記」

ラッキーな二日間

この週末は大阪の友人 gonちゃん がこちらに釣りに来ると。
それに便乗して Mちゃん と私、二日目には 毛鉤人さん も加わりの予定。

しか~し、金曜の夜には梅雨入りしたばかりの空も荒れ模様で、大雨洪水警報が発令されるほどの雨。 雨男で有名な誰かさんが来るのだからとあきらめては居たのだが、ここまで降るとは・・

土曜の朝・・ 今日明日は釣にはならないだろうと家を出て木曽川本流の状態を見たときには、間違い無しに釣りは無理だと待ち合わせの西野川に。
c0090530_18544643.jpg

今日は何して過ごそうか
c0090530_185608.jpg

まずは兄弟ネット(シマネッツ)の撮影、そしてとりあえずめぼしい所を見て回る。

第一候補の場所はなんとか濁りはないものの釣上がりは無理なほどの増水で、第二候補の場所に・・
c0090530_193582.jpg

お~~、釣りが出来るぞ~~ その喜びで、草釣ってまんがな(ぶっ

c0090530_196535.jpg

こちらのお方も思わず笑みが・・

c0090530_1971475.jpg

そして、ヨシお坊ちゃまのfcmに「入魂」 木曽のヤマト岩魚で。


c0090530_199695.jpg

昼飯は 花猿亭 で

c0090530_19103767.jpg

その後別の渓でさびの残ったタナビラを

今日の釣りはこれで終了とし、毛鉤人さん宅へ
c0090530_19141240.jpg

いつもあたたかい御もてなしに甘え、この夜も酒が進む。
そんな時間帯にまたもや雨が降り出し、毛鉤人さん宅に来る途中の南アルプス水系の状況にこの雨が加われば、これまた翌日もあきらめモードかと床に就く。

翌朝のんびりと起きて目指す川の下流域を確認、やや濁りもあり増水気味だがこれならゆけるかもと現地を目指す。
川を切ることは出来ない状況だが、林業用の簡易橋を渡り右岸・左岸に分かれ釣上がり開始
c0090530_19213745.jpg

早々に出てくれたこの川特有のヤマト岩魚。

c0090530_22253760.jpg

底石の色に同化するほど白くて透ける岩魚は、カメラのピントも合いにくいほど

c0090530_19252461.jpg

このお方のホームグラウンドも最近は釣り人も多く、でもしっかり魚は居る

c0090530_19271187.jpg

全員がこんな魚達に遊んでもらい昼ちょい過ぎに雨が・・
早々に撤収し里に下りた頃には、突風に雷ときわどいタイミングで山を降り二日目の釣りの終了となった。

正直金曜の雨で絶対に釣りは成立しないだろうと思っていたが、雨の合間をぬって釣りが出来たなんて、ほんとラッキーな二日間でした。

c0090530_1931457.jpg

ちなみに土曜の朝釣り場に向かう時フロントガラスに1匹のメイフライ、このRustyカラーが今回の当たりカラーとなりました。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-06-20 19:41 | FlyFishing