ギフの山猿「フライ日記」

予感

何年振りだろう・・ 沢のやんちゃ坊主殿との二人での釣り。
朝7時の岐阜県の山口村での待ち合わせに間に合うように6時ちょい前に家を出た。
我が町は都会でもないけど田舎でもない、近道にちょっとした峠道を走っているとなにやら大きな物体が横たわっている。 何だろう?

ななっ、イノシシじゃん
それも100kクラス級のイノシシで、えぇ~~~こんな所にイノシシが居たの~~

ひょっとして、今日は何かある予感!!

やんちゃ殿と待ち合わせを済ませ19号をひた走れば、木曽川本流は月曜の雨の影響で濁り&やや増水。 これは釣りにはならないだろうと木曽川にさす支流に場所を変更。
これはイノシシの祟りなのか・・・
と思ってる間際、何やら赤色灯が光るバイクがサイドミラーに・・
「前の車、停止して下さい」
えぇ~~ 前の車に追従してそんなに飛ばしてたわけではないのだけど29キロオーバーでお縄に・・

やってしまったことは仕方ないと気を取り直し安全運転で目的地に
c0090530_1975543.jpg

釣師は多くようやく入渓地点を見つけ着替えを済ましているところに釣師らしい車が通過、その間5分も掛かっていないの頭をはねられ・・

なんとか釣出来る場所に入りいよいよ釣り開始。
c0090530_19122474.jpg

サイズこそ出はしなかったが、綺麗なタナビラたちと戯れることが・・
しかし急に反応が悪くなり、生々しい足跡が。
すると先ほどの釣師にまたもや頭をはねられていた。

しかたなしに場所移動、支流のライズポイントを目指すがそこも増水気味で他の支流に。
c0090530_19163593.jpg

岩魚・タナビラになんとか遊んでもらえたが今日はついてない一日となり、閉めに蕎麦を食べ
c0090530_19184377.jpg
その後は何もなく無事に帰還することが出来ました。

そして翌日、一番のご近所さんであるterryさんたちが「三人のフライフィッシング展」を行っている会場に。
この日が展示会の最終日で、唯一うちの会社のフライマンであるマーキーと出掛けた。
c0090530_1926239.jpg

天気は最高の行楽日和、会場周辺の環境も心安まる景色でゆっくりとした時間が流れた。
c0090530_192951.jpg

落ち着く空間の中展示された作品は素晴らしものばかり。
c0090530_19303381.jpg

terryさん以外のお二人には会うことは出来なかったが、悪夢のような前日とは違いのんびりとした時間を過ごせた二日目となりました。


みなさん、釣行の際にはくれぐれも飛ばし過ぎにはご注意ください!!
あと1キロ越えのスピードオーバー(30キロ越え)だと、反則金が10万だったそうです。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-05-30 19:45 | FlyFishing