ギフの山猿「フライ日記」

GW三川釣行

GWは1日~5日までの5日間。
前半2日は家族サービスで・・
c0090530_194097.jpg

あちこち走りまわり
c0090530_1943568.jpg

二日目は潮干狩り。 この日は大渋滞で疲れも最高に。

翌日目覚ましを4時にセットするが身体も重くうだうだと準備をしまずは長良川に。
GW前は雨でテレメーターとにらめっこの釣行だったが、GWは水量は心配いらず晴天で魚の出が心配な釣り。
なんとか単発ではあるがライズにめぐり会うことは出来たが超ムズイ。
2回ほどフライに出すが乗せきれずフックに鱗のみ。
昼近くに前日から乗り込んでる Mちゃん が来るが風も強く長良川は「ボ」で引き上げ今年初の石徹白へ。
途中渋滞に巻き込まれるが10分ほどで抜け出せ石徹白に到着するがここも釣り人で渋滞。

とりあえず先行者の後に入りMちゃんと二人で丹念に攻める。
50mほど前を行く先行者のペースに合わせ竿抜けを攻めれば
c0090530_1920831.jpg

今季初の岩魚が・・
c0090530_19211373.jpg

桜もまだ咲いているのこの石徹白は護岸工事のお陰でポイントも様変わり、それでもここぞの場所からは魚も飛び出し
c0090530_1923890.jpg

Mちゃんとしっかり遊び、翌日もここで遊ぶはずだったが
c0090530_1924458.jpg

予定を急遽変更で木曽に向かうことに。
ばびいちゃんとばったり出くわし彼も車中泊の釣りで、この日は石徹白でのお泊り。

予定を変更した我々はまずは私の家に戻り翌日のためしっかり睡眠を。
そして木曽のの支流である西野川C&R区間に8時前に到着するが、さすが木曽はまだまだ寒くライズポイントはまったく静かなもの。
橋下の大物ポイントで尺越えを確認するが水面はまったく意識していない状況のため気温が上がるまで車で仮眠を・・
1時間ほど仮眠をとり目を覚ますと、木曽在住のHARAさんが。
話を聞けばようやく水も落ち着いたとのこと、ただ支流はまだライズ狙いは早く狙うなら木曽川本流がなんとか行けるかもとのこと。
すかさず木曽川本流に移動、運よく最初のポイントでライズを発見まだまだ単発ではあるが時間が経つにつれライズが増えることを期待し準備を済ませる。
HARAさんは他の場所を確認し良ければ連絡をくれると移動。

着替えをしている間にやはりライズは増えていた。
スプラッシュ気味のライズだが水面を流れる虫も確認できず、まず最初にミッジスペントをティペットは長良川に引き続き0.15号。
c0090530_2074141.jpg

風も吹き始め後ろにアシもあり投げにくい状態だがライズレーンにフライをセットすればいとも簡単に出てくれた木曽川本流のタナビラ。
c0090530_2095636.jpg

25cm前後のサイズだが木曽のタナビラの引きは最高。
c0090530_20112965.jpg

Mちゃんも続けとばかりに
c0090530_2012959.jpg

長良川では魚にしっかり遊ばれてる釣りばかりだが
c0090530_20134644.jpg

ここではしっかり遊ばさせてもらいました。

ストマックをみると
c0090530_20144882.jpg

こりゃみごとにマッチ(右がフライ)、今年初のマッチザハッチでホクホクな気分で早々に帰路につきました。

三川釣行、長良川・石徹白・木曽全ての魚をupしたくて明日は長良川の予定をしてたが、さすがに疲れもピークでおまけにここまで行楽日和のGWでは期待も薄く、明日はのんびりと過ごすことにしましたわ。

一雨来れば長良川の状況も確認できるところ、今年はもう終わりなのかまだまだ行けるのかそれを見極めたら木曽のライズゲームに一転集中かと思う今年のGWも終わりました。


Mちゃんからの頂き画像で三川を
c0090530_204833.jpg

長良川

c0090530_20483040.jpg

石徹白

c0090530_20485326.jpg

木曽川
[PR]
by gifu-yamazaru | 2010-05-04 20:27 | FlyFishing