ギフの山猿「フライ日記」

'10の新兵器

来シーズンの長良川、そして終盤の木曽のライズゲーム用に新兵器を購入した。
それは "TSR SH2 8603"
c0090530_21285563.jpg

このロッドを始めて振ったのは今シーズンの長良川で・・
その時はこのロッドの1番手上で、それまで届かなかった所がなんなく届いてしまい「お~~~、次はこのロッドぢゃ~~」と決めてシーズンオフにはと考えていた。

ロッドを購入する時はショップでフェルールを接いで軽く振って、う~~ん良いアクションだとなと購入していたがそれでもいざ使用してみるとなんか違うな~
最近ではラインを通して振らせてもらう機会も多く、もっと納得して買える様にはなったのだが・・・
それでもいざ実釣では、う~~~ん。
こんな経験は誰もがあるのではないでしょうか?

ちょうど今シーズンの終盤、#3と#4を丸一日(2日間)実釣でラッキーにも使うことが出来た。
初日は購入予定の#4を使い、やっぱ良いわ~~~ 絶対これだなと。
しかし翌日に#3を使い、予定変更でこちらに決めた。

確かに#4の方が飛距離はでる。
しかしそれは地面にしっかり足をつけた状態、腰まで立ちこんだ状態では飛距離はほとんど変らない。
それはホールのストロークが短くなる分わたしの非力な腕では#4は曲げきれないわけ。
ラインが10~15ヤード出た状態でピックアップしたときも、やはり#4では重過ぎる感じがして#3に決めたわけ。(これはあくまでも私の私感ですので)

各メーカーのロッドアクションからすれば、決してパンパンな方ではなく中間に属するアクションだと私は思うのですが、結局自分の釣スタイルにはこれが一番かなって・・・

とにかくシーズンオフにはグリップが黒ずむほど振り倒して、来年を迎えようと思います。
今回のシーズンオフは例の試験勉強をすることはありませんから、釣一色で準備を進めますわ。

早く来年が来ないかな~~~~
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-10-02 22:31 | FlyFishing