ギフの山猿「フライ日記」

モーニングライズ

今週末には群馬の友人が長良川釣行にやってくる。
その下見を兼ねて長良川本流の状況調査に土日と出かけた。

ここのところの晴天続きで世間一般には「行楽日和」と言うのだけど、我々釣師にとっては最悪な状況。
長良川本流は渇水状態で、今まで立ち込み出来なかった場所など余裕などころか川を切れなかった場所でも平気で切れる始末。
とにかく日中は絶対に無理だろうと、朝一+夕まづめ狙いでのスケジュールで調査をしてきた。

土曜の朝は恐ろしいほどのブユのハッチ、それなのにライズは単発。
明らかにウ~~様と判るライズにはキャストをせずこれだなっと思えるライズに的を絞る。
遠くのライズは無視し近場で起きるライズを待つ。

「これだ」と思うライズに慎重にキャストし、フライ先行の形に流せば一発で・・
c0090530_18172777.jpg

幸先の良いスタートだったがその後はウ~様が続く。

ライズは単発でなかなか的を絞れないまま昼前にはライズもなくなってしまった。
飯を食って様子を見るがさすがに行楽日和では期待も持てずお昼寝タイムに突入。
2時間ほど寝た後長良川を下りながらライズ確認。
3箇所目でライズに遭遇するもバラシで初日は終了となった。

その夜には なかぢ が泊まりに来て深酒は避けて早めの就寝。
翌日もモーニングライズに期待をして川に立ちこむが、とにかく反応が無い状態が続く。
3時間程経った頃これは本命だと思えるライズを発見。
ヨレの中で起きるライズ、恐らく一発で仕留めないと絶対に出ないだろうとライズの状況を確認しいまだと思えるときにキャスト。
ヨレのこちらと向こうには速い流れ、向こう側の速い流れにフライを落としヨレの中まで引っ張ってフライを入れる。 と同時に手前の速い流れを回避するため上流側に大きくメンディング。
自分でも惚れ惚れするほどライズレーンにフライがゆっくりと流れた。
そしてライズしたポジションにフライが差し掛かった瞬間水しぶきが・・
c0090530_18324792.jpg

こいつはとにかく引いてくれましたので、しっかり時間を掛けてネットイン。

その後違うポジションのヨレの中で、ディンプルライズを発見。
なかぢを呼び流すがなかなか食わない。
ものの10分ほどでライズも止み、同時にあたり一面ライズも止んでしまった。

時間は10時、本来ならこれからの時間がここ最近の長良川では終了の時間となってしまう。
今週末のためにこの時間を何処かで過ごさねば群馬から遠征してくる友人にも悪いと思い、車を走らせたのは1年ぶりの石徹白峠川。
例年ならまだちょっと早い時期ではあるがこの天候・気温なら恐らくと思い、年券を購入して懐かしい峠を越えた。

c0090530_18434598.jpg
石徹白は春真っ盛り。
釣人も真っ盛り状態で渋滞。
とりあえずライズを見つけ先に入っている方に了解を得てその下に入る。
長良のライズと比べれば簡単じゃ~~~と思いきやなかなか出ない。
フライをとにかくローテーションし、答えが出たのは#26ミッジスペント。
c0090530_18482023.jpg

石徹白のイワナは元気でおりました。

その後は瀬の中のライズを見つけてはイワナを追加し
c0090530_18494194.jpg

プリプリのあまごちゃんも追加。

2時頃にけりをつけ再度長良川本流へ・・
前日夕まづめに良かった場所に的を絞るが風も吹いていたので、そのまま帰宅となった。

今週末の天候次第では長良川本流で1日過ごすかもしれないが、とりあえず最悪の状況でも逃げ道を作り群馬の友人を迎える準備は完了!!

明日明後日は雨模様、週末も曇り時々雨のようでひょっとしたら長良川今シーズン最後の爆発かも・・
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-04-19 19:07 | FlyFishing