ギフの山猿「フライ日記」

波の中のディンプルライズ

今週もまた金曜に雨。 しかも割としっかり降ってくれたものだから、土曜はお休みして日曜のみの出動。
天気予報では曇りで風も1~2mと釣にはもってこいの空模様。
となると自然と早起きになってしまい、7時頃には川に立つ始末。

まったくライズは無いが8時頃から蚋らしきものがハッチし始めると、下流側でライズがポツポツと起きる。
時間が経つにつれ虫もやや大きめになりライズも上流側に上がって来ている。
下流域は手の届かないところでライズをするから上流に上がってくるのを待って立ち込むのが毎度のパターン。 よっしゃ~~今日もいつもの場所でライズするぞ~~と期待を膨らませじっと待つのだが、立ち込めるポジションまでライズが上がってこない。 キャスト出来ない風ではないが、終始風が吹いているものだから水面は波立った状態でライズも確認しづらい。

どんどん時間が過ぎる中、我が長良川の師匠である双子のパパさんの知り合いのKさん、そして塾の先生をされている方、最後には歯医者さんと本日初対面の方々と話をさせて頂き退屈な時間も楽しく過ごす事が出来気付けば昼を過ぎてしまった。
日も差し始め今日も「ボ」の雰囲気が漂い始めた頃ガガンボのハッチが・・・
だが水面は変らない状況。

水面の波立ちはずっと変らずライズも確認できないため一度立ち込んで出来るだけ近くで確認することに。
それでもライズは確認できず水面には浮かび上がってくる虫たちがボツボツ流れている。
こんなに美味しいそうな虫たちが流れているのに魚たちは何してるの?と虫ウオッチングをしていると、流れていた虫が急に消えた。
「う~ん?」 再度流れる虫を見つけじっくり観察すれば、虫が消えると同時に波立った水面にかすかな波紋が残る。

波立った水面の中で魚達はディンプルライズを繰り返しているではないですか。
よっしゃ~~、あの場所は間違いなく定位してライズを繰り返している。 その地点上流側にガガンボパターンを流すがまったく無反応。 ライズは2~3分おきに同じ場所で確実にやっている。

フライをミッジに結び替えキャスト、そしてドリフト。
「出た~~~」  あわせを入れるが不発。
#26サイズのフライでは波立った水面で見失うことも多く、#24に結び替え再度同じ場所を流す。
「おりゃ~~~」 乗った!!
c0090530_1656570.jpg

まずは、一服

そして同じ場所で水面を観察すれば、やや上流で同じようなライズを発見。
またもや・・「おりゃ~~~~~~~~」
c0090530_1725748.jpg

その後も同じ場所に立つが、どうもこの2匹しか居なかったようでライズは見つけることが出来ず納竿とした。

釣果は十分満足だったが、何よりも大きな収穫は・・

「波立った水面は近づいてじっくり確認すべし」

とにかく、勉強になった1日でした。
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-03-08 17:20 | FlyFishing