ギフの山猿「フライ日記」

2009釣初め

昨年の暮れに細川氏(SILKY WOOD)が里帰りすると言う事で、「ならば正月に一緒に釣しましょう」と約束をしていた。 彼は私の隣町の出身、彼の実家から5分の距離にある美濃加茂の管理釣り場で初釣するよ~と terryさんと 軍団連中(たんくろーりーさん ながぢ よね yu-ko )に声を掛ければ用事があるのに駆けつけてくれた。
c0090530_1821124.jpg

8時現地集合、天気は最高だがかなりの冷え込みのため水面はまったく静かなもの。
ここ3週くらい様子を見に来た時は、もうバリバリにライズがあったのだが・・
細川氏は昼には神奈川に帰らなければいけないため、とりあえず準備をして釣開始となった。
沈めての釣開始だが、ポツポツ反応が出たした頃水面にもライズリングが。
ならばミッジを結び長良川を想定し0.15号のティペット。  「そりゃ、出た~~!!」  「そりゃ~~~ 切れた~~~」  気を取り直し再度ミッジを結び・・  「う~ん出ないねぇ~」 タバコに火を付けようとしたとき・・ 「出たじゃん」
すると急に風が吹き始め風が止んだのを見計らっての釣になるはずが、風の勢いは強まるばかりで結局最後まで沈めての釣を強いられる事となった。

細川氏も昼には帰られ、まずは腹ごしらえ。
c0090530_18392820.jpg

冷え切った身体には、カップラーメンが最高の御馳走。
昼からはなおいっそう風も強まり、キャストもトラブルが続く中ポンポコ釣るスーパーレディ
c0090530_18423941.jpg

私の横で陣取り物も言わずだが、バシャッの音が聞こえる度横を見れば「また掛けてるじゃん」の連発。  結局この娘さんが今日のダントツの竿頭となったわけです。

c0090530_18493187.jpg

この釣り場は4時終了。 それまでみっちり釣りをして片づけを済ませた頃には、水面に写るほど太陽は西に傾いてた。

今年も仲間達と楽しく釣が出来るんだ、と実感した正月の釣となった。

おまけ
c0090530_18595836.jpg

この画像何処かのblogで見かけたようなポーズ。
間違い探し、さ~何処でしょう?

(答え:ロッドを持つ手とポッコリと膨らんだ○○○が違います)
[PR]
by gifu-yamazaru | 2009-01-02 19:21 | FlyFishing